週刊粧業 第3174号

週刊粧業編集部

600円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    化粧品業界人必読の週刊新聞。毎号、独自取材記事や特集記事が満載です! ●■特集/化粧品OEM(受託製造)(後編)●◎天真堂~「4C+」戦略でクライアント企業の日・中・ASEANでの販路拡大を支援●◎日本色材工業研究所~つくば工場拡張で生産体制を強化、グローバリゼーションの加速化に注力●◎ミリオナ化粧品~7月、沖縄県に営業所を開設、基幹システム連動で生産性向上●◎トキワ~国内は新工場建設後も継続投資に意欲、米国工場は本格稼働で海外事業の柱へ●◎エア・ウォーター・ゾル~茨城第二工場は稼働順調でライン増設、新研究所の設立でR&D体制を強化●◎ホシケミカルズ~輸出に関する豊富なノウハウ活かしクライアントの海外進出を強力支援●◎イマジネラボ~フレグランス需要が高まる中で9月に新提携工場が稼働予定●◎東色ピグメント~化粧品用粉体ビジネスとOEMビジネスの2軸に注力●◎マーナーコスメチックス~海外展開のフォロー体制強化を推進、日本製への切り替え需要への対応も●◎テクノビューティーサプライ~ヘアケア軸に高い開発・技術力活かしニーズに合わせたモノづくりを推進●◎エフシー中央薬理研究所~顧客満足度のさらなる向上に向け人材の育成・研究員の増員を推進●◎アリエ・ミロットグループ~大学・企業と協働で提案アイテム拡充、「同一日本品質」強みに海外事業を強化●その他掲載企業/東洋新薬、フランネル、メディサイエンス・エスポア、ファヴールマルシェ●■ライオン中間決算、実質売上高は0.7%増~オーラルケア・ビューティケア・リビングケアが好調●◎昨年構造改革を進めた中国で2ケタ成長を確保●◎下期にプラス要因多く、通期は3%の増収見込む●■ココカラファイン、マツモトキヨシHDと経営統合を協議~経営統合準備委員会を設置し20年1月末まで交渉●◎商品・店舗作業でのシナジー創出を重視●■コーセーとマルホ、合弁会社を設立●■資生堂、米国ブランド「Tory Burch」とライセンス契約を締結●■カネボウ化粧品、グローバル戦略ブランド「フリープラス」をタイに導入●■ちふれ化粧品、シンガポールで販売拡大~東急ハンズで販売開始●■株式会社DSプロモーション・松下令子(まつした・れいこ)氏「今日から試せる! PR&販促講座」(vol.42)~成熟市場に活路を見出す美容マーケティング~「パーソナライズ美容」は消費者の心を掴めるか?●■ササキ、高濃度水素イオン水配合化粧品で健康医療アワード受賞●■メゾンレクシア、デザインを一新し「メゾンブランド」へ歩み●■ACRO、メンズメイクセミナーを開催●■資生堂2019年12月期第2四半期、増収減益~マーケティング・研究開発・人材への投資を強化●■小売ナビ/ヤーマン キラリトギンザ店〈東京・中央区〉~併設スタジオでトレーニングレッスン、銀座に直営店、訪日客も多数来店●■コーセー第1四半期、増収減益~売上は6期連続で過去最高を更新●■ノエビアHD第3四半期、増収増益●■ヒット商品母子手帳/第243回 ディー・アップ「ディーアップマスカラ&アイライナー」~女性誌「sweet」とコラボでヒット●■N&O Life、髪質変化に市場チャンス見出し新ブランドを展開●■中国クチコミ分析で探る「美」のツボ(執筆者/株式会社トレンドExpress 中国トレンドExpress 編集長 森下智史氏)第4回~コスパと利用スタイルにマッチしての大人気●■ナリス、メーク技術者のスキル向上支援に「JMAN FESTA」を開催●■ユニ・チャーム、新製品発表会を開催●■サンスター、フロスで「歯間美白」の新習慣を提案●■1~6月の化粧品輸入額、1371億7000万円●■【訃報】日本メナード化粧品会長兼ダリヤ社長の野々川大介氏が死去●■【訃報】寺尾 睦男氏(てらお・むつお=元ライオン副社長)●■ザ・ボイス/テクノビューティーサプライ 代表取締役 遠藤照夫氏~いち早く頭皮環境に着目し、高品質ヘアケア製品を提案

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード