週刊粧業 第3208号

週刊粧業編集部

600円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    化粧品業界人必読の週刊新聞。毎号、独自取材記事や特集記事が満載です! ●■特集/男性化粧品●◎花王~「サクセス」ブランドをリステージ30代の身だしなみ意識にアプローチ●◎資生堂~気になる肌悩みを1つでカバー人気BBクリームに新作を投入●◎マンダム~若者の細分化するニーズに対応、ブランドの新たな価値創出へ●◎バスクリン~育毛トニック市場で好調を維持、「液だれしない」等の特性にリピート●その他掲載企業/サンスターグループ、シック・ジャパン、バルクオム、ZIGEN、加美乃素本舗、HOLO BELL●■エキップ、ライフスタイルに寄り添う新ブランドが好スタート~来年までに新たに3~4店を出店、UKでの展開も視野に●◎グローバルでの展開を拡大し売上高50億円の達成めざす●■20年1~3月の化粧品輸入実績、前年同期比4.8%減の648億円●■コーセー、公式Webサイト・ECサイトの機能を大幅に拡充●■19年度理美容業者の倒産が180件で過去最多に●■マンダム、店頭重視の営業戦略で新たな需要を創出●◎男性用「除毛フォーム」で潜在ニーズを掘り起こし●■マックス、奈良県発ビーガンコスメのシリーズ拡充へ●◎県内学生と共同開発した酒粕配合クリームも発売●■R.B.G、「サプミーレ」でヴィーガン認証取得、本物志向を追求●◎サステナブルコスメ「エフェラル」はアイテム追加でシリーズ化を推進●■小売ナビ/MAKANAI 神楽坂本店~昔ながらの知見と最新技術を融合、クリーンな和コスメ店がオープン●■ポーラ・オルビスHD、第1四半期、減収減益~新型コロナの影響でポーラが大幅な減収に●◎ポーラのインバウンド比率が半減、年間売上は50億円に●■ノエビアHD、年9月期第2四半期は減収減益●■マンダム、20年3月期は増収減益、国内低迷が響く●■ハリマ共和物産、20年3月期は増収減益●■ユニ・チャーム、20年12月期第1四半期は51%増益●■PPIH、コロナウイルス後の消費行動に対応した施策を~20年度中にプライシング戦略を全店導入●◎2020年6月期インバウンド消滅で下方修正●■フジ、大型SCやテナントの客数減が顕著、20年2月期は荒利率低下で微増収減益●■PALTAC、営業改革に向け具体的なアクションを開始~20年3月期はRDC埼玉の稼働で微減益●◎卸として生活様式の変化に対応した提案を●■メディパルHD、新規事業を収益の柱に育成~20年3月期は医療用医薬品卸が堅調で増収増益●■ヒット商品母子手帳/第273回 シーオーメディカル「湘南美容アイリッドグルー/湘南美容コンシーラー」~湘南美容シリーズを代表する2品●■エボニック・バイヤスドルフ、CO2を化粧品原料へ、転換する研究開始●■一丸ファルコス、中国INCI対応のコメ由来、乳酸菌原料を発売●■一丸ファルコス、「プリンセスケア」に手のシワ改善効果を確認●■流通記者50年 「経営トップとの交流の中で」(週刊粧業 顧問 加藤英夫)~第23回「現場力を高めるには」(ヤオコー 川野幸夫会長)●■資生堂、スリランカにて化粧品を販売開始~グローバル「SHISEIDO」で成長著しい南アジアを攻略●■米国百貨店が相次いで破綻、コロナ禍の店舗休業が追い打ち●■コティ、プロフェッショナル部門の過半数株式を30億ドルで売却●■ライオン、第77回全国小学生歯みがき大会を開催●■仏ロレアル、ロレアル・フォー・ザ・フューチャー基金を創設、1億5000万ユーロを女性たちの支援~1億5000万ユーロを女性たちの支援と環境保護へ●■ザ・ボイス/ファウンデーションズ 代表取締役 喜多 健太郎 氏~「美しさ」を起点に、教育事業を構想

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A002394054","price":"600"}]

    セーフモード