週刊粧業 第3173号

週刊粧業編集部

600円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    化粧品業界人必読の週刊新聞。毎号、独自取材記事や特集記事が満載です! ●■2018年度化粧品メーカー売上高上位30社調査~30位圏内、24社が前年度実績上回る●■花王、「モルトンブラウン」の世界戦略を強化~約10年ぶりの大型新製品として本格的な香水コレクションを発売●◎2025年にアジアでの売上を現状の4倍に拡大●◎最適な香りをセレクトするプロファイリングツールを開発●■ユニリーバ・ジャパン、再生プラ最大95%使用し脱プラを加速●◎包括的で多角的なアプローチを提唱●■キリンホールディングス、ファンケルと資本業務提携~キリンHDがファンケルに33%出資●◎取得総額は1293億円、議決権ベースで33%保有する筆頭株主に●◎ライフサイエンス事業を次世代の成長の柱に●■カネボウ化粧品、シワ改善美容液「カネボウリンクルリフトセラム」発売●■花王2019年12月期第2四半期、減収減益~澤田社長「上期は厳しい結果に、下期は売上100億積み増し目標達成へ」●◎通期売上は当初予定通り1兆5800億円めざす●■ポーラグループ、シワ改善薬用化粧品を複数ブランドより発売●■P&G6月期決算、微増収大幅減益~ジレット事業に関わる評価損計上●■コルゲート上期決算、減収減益と苦戦~北米除く全ての地域で売上落とす●■ユニリーバ上期決算、減収営業増益~フード等が2ケタ減収、欧州も苦戦●■ビジネスガイド社、第88回ギフト・ショー秋2019を開催●■ドクターフィル コスメティクス、弱バリア肌向けの新シリーズ●◎直近は2ケタ増収で推移、新シリーズを第2の柱に●■『激変するコスメマーケット』(第49回)お客様不在の商品開発になっていませんか?(執筆者:鯉渕登志子フォー・レディー社長)●■小売ナビ/あすかデコルテ店〈岐阜市柳ケ瀬〉~県下初のコスメデコルテ専門店を核に店舗ブランド「あすか」の価値向上へ●■特集/化粧品OEM(受託製造)(前編)●◎日本コルマー~アウトソーシングの需要増で好調維持、多拠点・分散型の基盤強化を推進●◎東洋ビューティ~研究の専門性向上で提案力に厚み、佐賀工場稼働でグローバル企業へ前進●◎ケイズ~新規参入企業支援の専門部署を新設、容器+OEMのオールインワン提案強化●◎セントラル・コーポレーション~「ヒト幹細胞の応用」で博士号取得の研究者を迎え、ヒト幹細胞の研究推進●◎日進化学~市場変化に対応する生産体制を構築、開発力・企画提案力の質的強化へ●◎メリードゥービューティープロダクツ~オーガニック認証の取得態勢と幅広い製品開発で差別化図る●◎ノーベル化学宏業~社会的ニーズにも小ロットで対応、機能水をベースに新たな開発も●◎フェイスラボ~「基本の徹底」「変化対応」で強みとする「現場力」の研鑽へ●◎サティス製薬~独自の開発手法と充実した支援体制で基盤強化を図る●◎ジェイオーコスメティックス~処方・設備・人材に継続的に取り組み高い信頼性で安定的な受注につなげる●◎近代化学~研究開発部門の強化と独自原料を用いたヘアケア製品の開発に注力●◎クロバーコスメイク~売上よりもその中身にこだわり今期は社内の生産効率化に注力●◎マイスター~「ハンドメイド」「国産」を基本に付加価値の高いマスクOEMを提案●◎ミック・ケミストリー~サービス品質の全体的な向上進め信頼を獲得し選ばれるメーカーへ●その他掲載企業/コスメサイエンス、エイエムジー●■アモーレパシフィックジャパン、イニスフリーの新スキンケア発売●■第一三共ヘルスケア、トラネキサム酸配合化粧品で発表会を開催●■ヒット商品母子手帳/第243回 サンギ「アパガード」~市民権を得たフレーズで口腔ケアを啓蒙●■花王、肌状態と毛細血管の血流調節機能との関わりを確認●■日本メナード化粧品、コラーゲン研究で新たな解析技術を開発●■ポーラ化成、NEI-L1が男性のシワにも効果を発揮することを確認●■ポーラ化成、顔のむくみを解消するエキスを発見●■ライオン、「大人のための予防歯科」セミナーを開催~ブラッシング圧抑える機能が搭載された新ハブラシを紹介●■ライオン大阪工場、アカウミガメの保護活動を今年も実施●■ポーラ、エステサービスを刷新●■ザ・ボイス/筑波大学 人文社会系教授 黄順姫氏~化粧・ファッションの研究書が発刊2カ月で初版完売のヒット

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード