週刊粧業 第3154号

週刊粧業編集部

450円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    化粧品業界人必読の週刊新聞。毎号、独自取材記事や特集記事が満載です! ●■特集/訪販化粧品●◎ポーラ~接客品質の一層のレベルアップに向け「ポーラ ユニバーシティ」を設立●◎ノエビア~高級品シリーズが売上伸長に貢献、オイルタイプの多機能化粧液に注力●◎日本メナード化粧品~60周年に向け販売現場と結束強化、進化するロングセラーを軸に接点拡大●◎ナリス化粧品~離脱率の改善でブランド力向上、ビジネス関心層を見極め育成へ●◎オッペン化粧品~カウンセリング回帰でリピート率向上、新ブランドが揃い、トータル提案に弾み●その他掲載企業・団体/ニュースキンジャパン、シャンソン化粧品、マリアンボレ、日本訪問販売協会、訪販化粧品工業協会●■資生堂、「ファンデーション革命」で市場活性化へ~ポジティブなイメージへの転換で28%の使用者拡大の先導役に●◎ファンデが肌にいいを常識に●◎マツコ・デラックスが新ファンデの魅力を語る●■資生堂 シーブリーズ、2019年は2ケタ近い伸長めざす●◎新CM発表、テーマは「運命」●■資生堂、世界初の新規クレンジング製剤を開発~肌に負担をかけずに心地よくメーク汚れを落とすことが可能に●■コーセー、ダメージを受けた角層の保湿力を回復する成分を発見~肌角層自体の結合水量を回復する新たなケア技術の確立へ●■ポーラ文化研究所、美白ケアへの意識・行動を調査●◎美白ケア重視層は77%、実践している層は7割●◎15~29歳は「SNS・クチコミ」、30~74歳は「店頭の商品」を参考に●■ツルハHD、沖縄県に初進出、金秀商事のFC1号店~「ツルハドラッグ宮城店」(浦添市)、3月28日開設●◎第2四半期中に2000店突破●◎第3四半期決算、増収増益●◎カネボウ化粧品の「リサージ」を重点強化●■ナリス化粧品、子会社ナリスアップを合併~海外取引のわかりずらさを解消し海外事業の成長加速へ●■2019年1月の化粧品、金額0.9%増、2年連続のプラススタート~頭髪用・仕上用の落ち込みを皮膚用・特殊用途がカバー●■2019年1月の家庭用洗浄剤、金額7.0%増、1年半ぶりに7%超へ~金額シェアの高い合成洗剤が30%成長で牽引役に●■小売ナビ/西武池袋本店〈東京・豊島区〉~ライブ配信などデジタルツール活用で新客獲得と既存顧客の定着化を推進●■I-ne、パーソナライズシャンプー「My BOTANIST」を発売●■ドルチェ・ヴィータ、コンダンセパリの新美容液発表会を開催●■アイスタイル、ハウス オブ ローゼと資本業務提携●■ナガセビューティケァ、美と健康づくりの拠点をオープン●■ナリス化粧品、防災イベントに出展し心も癒すハンドマッサージを提供●■アルビオン、秋田県立大学と包括連携協定を締結●■ヒット商品 母子手帳/第228回 Dear Mayuko「イノセントスキンセラム」~ピュアセリシンで潤った健やかな肌へ●■ポーラ、「iF DESIGN AWARD 2019」にて3作品が同時受賞●■北海道曹達、基礎化粧品シリーズ「DA CAPO」販売店舗が増加●■花王、新たな許可表示で「ヘルシア緑茶」を刷新~トクホ茶系飲料初「内臓脂肪を減らすのを助ける」を取得●■日本歯磨工業会、「歯と口の健康週間」に向け4月より標語募集●■カネボウ、KANEBO最高峰シリーズがiFデザインアワード2019受賞●■「Re-Style」プロジェクト、あらたなど製配販8社が参画~初めて中間流通、ドラッグストアがメンバーに●■ザ・ボイス/尾崎食品 代表取締役社長 尾崎景一郎氏~商社からメーカーに転身して15年、「柑橘王国」で愛媛産をブランド化

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード