週刊粧業 第3149号

週刊粧業編集部

800円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

化粧品業界人必読の週刊新聞。毎号、独自取材記事や特集記事が満載です! ●■特集/化粧品OEM(受託製造)トップインタビュー●◎日本コルマー~成長加速に向けベトナム工場を着工、中国は3工場へ、国内は新たな試みも●◎東洋ビューティ~収益性が高まりODM化に手応え、佐賀工場は4月稼働、供給正常化も●◎天真堂~独自性の高い処方開発と原料で差別化、本社ラボと自社工場の設備投資を推進●◎フェイスラボ~今年度は「5S」の徹底で「現場力」のさらなる研鑽へ●◎日本色材工業研究所~つくば工場の戦略的な成長投資とグローバリゼーションの加速化に注力●◎ケイズ~目指すは「化粧品コンシェルジュ」、お客様第一を掲げて常に前進●◎近代化学~「究極のヘアケア製品づくり」に向け、独自原料の開発にも積極果敢に挑戦●◎ミック・ケミストリー~新しい機能を持った製品開発に注力、顧客とのコミュニケーションも強化●◎コスメティック・アイーダ~台湾大手OEMと業務提携を締結、2020年度に売上高20億円めざす●◎マーナーコスメチックス~ハラールで日本品質のニーズ掘り起こしへ、需給バランス調整は他業界からの学びも●◎ナユタ~より良いパートナーシップを構築、工場コンセプトの明確化を目指す●◎日進化学~市場の潮目を読み優位性を高める、エアゾールも海外需要を見据え投資へ●◎ノーベル化学宏業~顧客との関係深耕が新規獲得の原動力、強みを磨き、人が育つ会社を目指す●◎セントラル・コーポレーション~40年目を迎えた小ロット製造のパイオニア、「25倍濃度の生ヒト幹細胞エキス」で差別化●◎東陽化成~品質管理の強化で効率アップ、さらなるシステムの深堀りへ●その他掲載企業/ホシケミカルズ、ミリオナ化粧品、東洋新薬、ポイントピュール、Liquied Booth Pharmaceutical、エイエムジー、山之内ゴウシャ●■ライオン、「2019年ライオン会総会」を開催~需要拡大、ビジネスチャンスの最大化へ●◎身体的、精神的、社会的満足の追求へ●◎高齢先進国「日本」での経験を最大限に活かす●■ACRO、ITRIMから洗浄料と日やけ止め乳液を新たに投入●■カネボウ化粧品、「コフレドール」で口紅の新しい楽しみ方を提案●■ヘンケルジャパン、クラウドファンディングで「バーネンゲン」を育成●■アテニア、斎藤智子氏が代表取締役社長に就任~ファンケルグループの組織改正も実施●■小林製薬2018年12月期、国内外とも好調で増収増益~漢方・海外が好調、通販・スキンケアが苦戦●◎海外、好調に推移する中国・米国の成長加速へ新製品を投入●◎スキンケア、「オードムーゲ」が好調、第3のブランド創出に意欲●■小売ナビ/小田急百貨店新宿店〈東京・新宿区〉~新ブランドの導入で回遊率向上、免税カウンターの拡充も好評●■受託メーカーアンケート調査〈回答全27社〉、業績伸長も減速感を懸念●■花王2018年12月期決算、増収増益~6期連続で営業利益が過去最高更新、9期連続の増益も記録●◎2019年12月期、売上高1兆5800億円、営業利益2250億円めざす●■化粧品コンサルタントが教えます最新・ヒットの法則~法則59、和コンセプトの○○(株式会社ビューティブレーン廣瀬知砂子代表)●■資生堂2018年12月期、営業利益が1000億円を突破~売上高・営業利益・純利益ともに過去最高更新●◎日本・中国・TRが売上拡大に貢献●◎主要8ブランド、実質増収分の9割占める●◎2019年12月期、積極的なマーケティング投資で売上・利益のさらなる拡大へ●■コーセー2019年3月期第3四半期、2ケタの増収増益●■オルビス、宅配ボックス5000個をモニター配布~再配達低減に向けた業界最大規模の実証実験を7月より実施●■コーセー、皮膚科学領域に強みを持つ「マルホ」と合弁会社を設立●■マンダム、「マンダムウィル」が特例子会社認定を取得●■ヒット商品 母子手帳/第223回 ローラ メルシエ「ホイップトボディクリーム アンバーバニラ」~「人類モテ」する香りがSNSで話題に●■花王、ウガンダで月経衛生環境向上プロジェクトの支援を開始●■ヤクルト本社、第2回「ジャパンSDGsアワード」で特別賞を受賞●■ザ・ボイス/スタイリングライフ・ホールディングス BCLカンパニー カンパニーエグゼクティブプレジデント 北村博之氏~「楽ビューティ・楽ヘルシー」をテーマにサボリーノとアーモンド効果がコラボ ほか

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード