週刊粧業 第3132号

週刊粧業編集部

450円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

化粧品業界人必読の週刊新聞。毎号、独自取材記事や特集記事が満載です! ●■特集/訪販化粧品●◎ポーラ~「接客品質の統一化」を推進し高級ブランドとしての地位確立へ●◎ノエビア~高級化粧品が好調に推移する中、基幹シリーズ強化で愛用者拡大へ●◎日本メナード化粧品~60周年に向けて「創・増・力」を醸成、サロンへの来店促進支援施策も充実●◎ナリス化粧品~活動エリアを絞り込み増客へ、販売員の受け入れ基盤も整備●◎オッペン化粧品~長期的成長に向けた構造改革進む、商品は成分・処方で独自性見出す●その他掲載企業・団体/ヤクルト本社、フォーデイズ、ニュー スキン ジャパン、シャンソン化粧品、マリアンボレ、ペレ・グレイス、モデーア・ジャパン、エイボン・プロダクツ、日本訪問販売協会、訪販化粧品工業協会●■オーミケンシ、中国の通販で粘り腰を発揮~平和堂の店頭とECサイトで商機探る●■資生堂、IFSCCミュンヘン大会で「最優秀賞」受賞●■ポーラ、世界的に権威のある「ペントアワード2018」を受賞●■シーオーツープラス、独自路線で着実に成長~炭酸化粧品の先駆者として製販一体経営で前進●■牛乳石鹼共進社、「赤箱」限定ショップ盛況でファン増大に手応え●■エイチインターナショナル、「ブラインド・バーバー」を本格展開●■ブルーベル・ジャパン、プレスイベントにグタール氏が登壇●■宝鋒、中国B2Bプラットフォームの出店説明会開催●■矢野経済研究所、2017年化粧品OEM市場規模を2900億円と推計●■コンダンセパリ、クレンジングとボディケア新製品を発表●■一丸ファルコス、日常ダメージに着目し新規ヘアケア原料を開発●■花王、W/O型エマルションにおける保湿持続技術を開発●■マンダム、発汗時におけるヒト汗腺の収縮の可視化に成功●■小売ナビ/2018 PLAZASTYLE MD CONVENTION〈東京・新宿区〉~「ライフスタイルストア」を掲げコミュニケーション型イベント実施●■アホールド デレーズ上期決算、実質増収増益~米国、欧州が好調、オンライン売上急増●■ニーマン マーカス7月期決算、黒字に転換~既存店が急回復、前年度の巨額減損の反動●■カルフール2018年上期決算、仏が苦戦で営業減益~一時的経費計上で最終利益は赤字に転落●■ウォルマート2018年上期決算、荒利益率低下などで増収減益●◎インターナショナルも増収減益●■CVSヘルス2018年上期決算、巨額減損損失計上で赤字に●◎Drug.Sの既存店は回復傾向●■ヒット商品 母子手帳/第210回 セブンツーセブン「酵素727 ローション SP」~現行で5代目、発売50年目前の長寿商品●■全米主要百貨店上期決算、概ね増収増益と好調~オフプライスなどが好調、J.C.ペニーは赤字に●◎メーシーズ増収増益、荒利・経費も改善●◎ノードストローム、オフプライス・デジタルが好調●◎J.C.ペニー減収で赤字転落、荒利益率低下●◎ディラード増収増益、荒利・経費が改善●■TPCマーケティングリサーチ、アトピー性皮膚炎と化粧品に関する調査を実施●◎毎日スキンケアを行う人は7割、メークを行う人は3割という結果に●◎スキンケア・メークとも「低刺激」が購入の重視点に●■ザ・ボイス/大阪油脂工業 代表取締役社長 小島成介氏~卸商社から「モノづくり」会社へ転身、グループ間連携で企画開発力を強化 ほか

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード