ebook japan

ebjニュース&トピックス

『お宅の夫をもらえませんか?』不倫バレからの分からせパンチラインにスッキリしたり慄いたり

不倫系エンタメのおもしろみといえば、シタ側の悪行が叩きつけられる答え合わせの瞬間ではないだろうか。探偵やGPSを使って理論武装するのもいいし、現行犯でとっちめるのもスリリングでわくわくする。

とにかく、あらゆる手段を用いて言い逃れできない状況を作りシタ側を分からせる、のが定石だと思うのだが、『お宅の夫をもらえませんか?』は一味違う。不倫発覚から「分からせ」までが最短で最速で超シビれるのだ。

お宅の夫をもらえませんか?【電子限定カバー版】
お宅の夫をもらえませんか? 作画:みこまる 原作:いくたはな

陰湿な嫁いびりに遭うなな子は、パート先の優しい店長に惹かれ男女の関係をもってしまう。しかし二人の不貞行為はあっという間に取り沙汰され、店長の妻・香織の耳にもその噂が届くことに。しかも娘同士は仲の良い友達で…という泥沼不倫が繰り広げられていく。

おや、この設定知ってるぞと思った人はさすがです。原作のいくたはな先生が『田舎のW』『田舎でダブル不倫する話』というタイトルで発表していたネームを元にストーリーを再構築したのが、この『お宅の夫をもらえませんか?』なのだ。公開されていたネームは数話分だけだったため、全貌が知りたい! とヤキモキしていたファンも多いことだろう。さまざまなタッチを使い分けるみこまる先生を作画に迎え、新たなエピソードを追加した完全版が本作となる。

サレ妻・香織の強烈な「分からせ」

端的でグサっと心に刺さるセリフやモノローグのインパクトが本作の魅力だ。なかでも、不倫発覚からの「分からせシーン」の台詞回しは本作のハイライトと言っていいだろう。

シタ側・なな子の素朴でおっとりした雰囲気に対し、サレタ側の香織は活動的で気の強さが滲み出ている女性だ。そんな香織が不倫の事実に愕然とし、夫を詰める。

「あんたの女」。並々ならぬ情念をはらませたこのたった5文字のセリフが、強すぎる。たかぶった読者の心はさらに煽られ、やってしまえ! とギアが上がるのだ。「女」と呼ぶことでママ友から排除の対象になったこと、二人の男女関係を把握していることを夫に一瞬で察知させる語感の良さ。さらに、夫を「あんた」と呼び捨てにすることで軽蔑の眼差しを向けているのもとにかく強い。そうして固まる夫に有無を言わさぬひと言を放り投げ、息の根を止めにかかる。

感じとっていただけただろうか。夫側に1ミリの猶予も残すことはない、この切れ味! わずか2コマという、不倫発覚から分からせまで最短最速の激詰めコンボの完成である。「連れてきて あんたの女」「わかってっから 全部」この一連のパンチラインに込められた、香織の敗北感・怒り・苛立ち・悲しさ。それらの感情を全て使って夫と不倫相手を地の底に叩きつけたいという、サレ妻の並々ならぬ気迫にシビれてしまう。

全編を通してシンプルに描かれていた画面も、この瞬間ばかりは煮えたぎる香織の怒りを体現するようにコントラストが高まっているのもいい。

この「香織劇場」に代表されるインパクトのある言葉の数々は、不特定多数の読者を意識するSNSで磨かれたいくた先生ならではの持ち味と言えるだろう。

さて、サレ妻の香織が主導権を握った今回の不倫騒動だが、ラストでは新たな地獄の扉が開きかけていて…。

ある意味でもやもやする結末に、続編への期待が高まってしまう。「香織劇場」に次ぐさらなる名シーンの爆誕はあるのか。首を長くして待ちたいと思う。

執筆:ネゴト / あまみん

関連記事

安彦先生インタビュー
インタビュー「漫画家のまんなか。」島本和彦
インタビュー「漫画家のまんなか。」宮下あきら
インタビュー「漫画家のまんなか。」やまもり三香
2024年冬アニメ・秋ドラマ・映画化作品一覧

TOP