ebook japan

ebjニュース&トピックス

『好きなら直接言ってくれ!』完結記念!師走ねこ先生インタビュー

むっつりスケベな兄×サトリ系男子のひとつ屋根の下ラブコメ『好きなら直接言ってくれ!』がついに完結。作者の師走ねこ先生にお話を伺いました。

好きなら直接言ってくれ! 著者:師走ねこ

――自己紹介をお願いします。

はじめまして。師走ねこです。漫画のお仕事を始めて今年で3年目です。

――本作執筆のきっかけを教えてください。

担当さんに「サトリ」をテーマに描いてみませんか?と提案頂いたのがきっかけです。
日常に潜むちょっと不思議な設定が大好きなのでチャレンジしてみようと思いました。

――完結した今の心境を教えてください。

8話構成の連載は初めてだったので無事終えられてホッとしています。最後にしっかり着地できるかいつも不安を抱えながら描いているので(笑)

――完結した今、キャラクターたちに声をかけるとしたら、どんな言葉をかけますか。

お疲れ様と共に…
透真→俊の妄想に日々耐えてくれてありがとう!
俊→最後まで変態紳士でいてくれてありがとう!

――描いていて楽しかったシーンなどあれば教えていただきたいです!

俊の妄想(心の声も絵も)と、それに振り回される透真のシーンですね。特に俊の妄想は描くのが楽しく、連載当初は私がアクセル全開で変態に振り切りすぎて担当さんにいい塩梅にして頂いた思い出があります。あと両想いになるシーンや、エッチシーンは毎回描くのが楽しいです。

――本作を一言で表すとすればどんな言葉ですか。

スペシャルハッピーパラダイスライフ!!

――作品のアイデアを思いつくときはどんな時ですか。

映画、ドラマ、TV番組を見ている時、本を読んでいる時など。
あとは人と話している時に自分と価値観が違う意見を聞いたりするとそれを作品に落とし込みたくなります。

――作品を作る時に、最初に始めることは何ですか。

世界観の設定や、キャラクターの関係性、作品のテーマなど…物語のベースになるところから決めることが多いですが、描きたいシーンから組み立てていくこともあります。

――キャラクターを描くときに気を付けていることなどありますか。

どんな性格でもどこか愛着が持てるように…なればいいなと思っています。

――キャラクターを描くときにどこの部分から描きますか。

作画するほぼ全てのパーツのアタリをとって、輪郭から描き始めます。

――休日、気分転換にすることはなんですか。

友達と遊ぶ日を休日にしています。逆に遊ばない日は全て仕事をしています。
最近は1人でももう少し上手に休日を作って映画を見に行ったりしたいですね。
気分転換と健康維持のために運動!…をしたいと思って数年経ちました…。

――今ハマっていること(もしくはモノ)を教えてください。

昔からですが好きな配信者のゲーム実況を見たり、トークメインの放送を聞いたりするのが好きです。

――好きな漫画・作品はありますか。

いっぱいあって選べないんですが…最近読んで面白かったのはヨンキ先生の「他人は地獄だ」、柴田ヨクサル先生・沢真先生の「ヒッツ」です。

――今後書いてみたいジャンル、カップリングなど教えてください。

不穏なもの、ただただエッチなもの、ファンタジー…いろいろ挑戦してみたいです!
設定から入りがちなのでキャラクターがより際立つようなカップリングにも挑戦みたいです。

――最後に、読者へのメッセージをお願いします!

「好きなら直接言ってくれ!」の主人公・透真は、サトリという人とは違う能力を持っていますが、そんな違いなど気にせず明るく元気に育った子で、俊は脳内お花畑紳士で、そんな2人のおかげで明るくハッピー!に最後までとても楽しく描けました。読者の皆様にもそれが少しでも伝わっていればいいなぁと思います。ご感想頂けたらとても嬉しいです!また別の作品でお会いできますように。ありがとうございました!

関連記事

安彦先生インタビュー
インタビュー「漫画家のまんなか。」島本和彦
インタビュー「漫画家のまんなか。」宮下あきら
インタビュー「漫画家のまんなか。」やまもり三香
2024年冬アニメ・秋ドラマ・映画化作品一覧

TOP