哀切の小海線

著者:西村京太郎

616円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    東京の府中刑務所から、一週間後に刑期満了で出所する筈だった受刑者が脱走。十津川警部は、男が逮捕されるにいたった7年前の事件を調べ直してみると、原発用地買収問題にぶちあたり……。

    続きを読む

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/05/15Posted by ブクログ

      〇家族を守るために奔走する犯罪者。十津川がその裏に込められた真相を追う
      鹿島源太という男が、府中刑務所を脱獄した。
      十年の刑期の予定だったが、模範囚として7年で出られることになっていて、出所まで残り一...

      続きを読む

    セーフモード