【最新刊】青梅線レポートの謎

「十津川警部」シリーズ

著者:西村京太郎

704円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    奥多摩で「OMレポート、もしくは青梅線レポートを知らないか」と訪ね歩いていた男が刺殺された。被害者の足どりを追って奥多摩へ向かうことになった十津川警部。数ヶ月前、奥多摩町役場の助役の娘・亜紀も、同じ言葉を口にしていたが、行方不明になっていたことが判明する。十津川は、亜紀の部屋で見つけた30cmくらいのロボットを警察に持ち帰ったところ、そのロボットが爆発。さらに、AIの第一人者の謎の死、奥多摩で発見されるクローンの猿と、謎が謎を呼んでいく……。奥多摩で進行する、巨大な陰謀とは……。そして、十津川警部の前に現れたのは、今までにない最新の敵だった!?

    続きを読む
    提供開始日
    2020/09/24
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ミステリー
    • 「十津川警部」シリーズ 全 74 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      「十津川警部」シリーズ 全 74 巻

      43,252円(税込)
      432pt獲得

    レビュー

    • 2018/07/24Posted by ブクログ

      ○内容自体は古いのだがハードボイルド西村を読める作品としては貴重!7つの短編集

      ・夜ごと死の匂いが
      次々殺される女性。独身もいれば夫子持ちもいるが共通点が全くと言っていいほど見つけられず、十津川と亀...

      続きを読む
    • 2012/08/14Posted by ブクログ

      〇時刻表トリックの詰め合わせ!
      ・特急「ゆうづる3号」の証言
      拉致されたOLあや子は、犯人に降ろされゆうづる号を見る。しかしその犯人は殺人も犯しており、あや子がアリバイ証言者に・・・!?ちょっとずるい...

      続きを読む
    • 2019/10/07Posted by ブクログ

      〇流鏑馬に秘められた謎の殺人の理由とは…?有名俳優を親に持つ子の復讐を十津川が追う
      そこにあった文字は、「陰陽」だったーー

      京都の和風旅館で坂本京子が殺された。交友関係を調べていると、今度は東京で石...

      続きを読む
    開く

    セーフモード