【最新刊】青森ねぶた殺人事件

「十津川警部」シリーズ

著者:西村京太郎

704円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    青森県警が逮捕した容疑者に、十津川警部は疑問を持つ。本当に彼が殺したのだろうか……。公判の審理が難航しているとき、第三の殺人事件がねぶた祭りの夜に起こった! すべてを操る犯人に十津川が迫る!

    続きを読む
    提供開始日
    2020/05/22
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ミステリー
    • 「十津川警部」シリーズ 全 73 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      「十津川警部」シリーズ 全 73 巻

      42,548円(税込)
      425pt獲得

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      ○内容自体は古いのだがハードボイルド西村を読める作品としては貴重!7つの短編集

      ・夜ごと死の匂いが
      次々殺される女性。独身もいれば夫子持ちもいるが共通点が全くと言っていいほど見つけられず、十津川と亀...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      〇時刻表トリックの詰め合わせ!
      ・特急「ゆうづる3号」の証言
      拉致されたOLあや子は、犯人に降ろされゆうづる号を見る。しかしその犯人は殺人も犯しており、あや子がアリバイ証言者に・・・!?ちょっとずるい...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      〇流鏑馬に秘められた謎の殺人の理由とは…?有名俳優を親に持つ子の復讐を十津川が追う
      そこにあった文字は、「陰陽」だったーー

      京都の和風旅館で坂本京子が殺された。交友関係を調べていると、今度は東京で石...

      続きを読む
    開く

    セーフモード