十津川警部「射殺」

著者:西村京太郎

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    お台場の海で見つかった、助けを求める「ナオミ」からの手紙。同じ頃、東京近郊で連続して射殺事件が発生。死体の傍には必ず「ナオミのために」と書かれたメモが残っていた……十津川は大胆な推理を試みる!

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    3
    5
    1
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/01/14Posted by ブクログ

      「十津川警部「射殺」」3

      著者 西村京太郎
      出版 角川文庫

      p24より引用
      “しかし、そのガラス瓶は、小さくて、誰にも拾われぬままに、
      七年の間、東京湾内を、漂い続けた。”

       ミステリーの大家で...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2011/09/11Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2004/12/05Posted by ブクログ

      十津川警部ものはすでに百冊以上読ませてもらいましたが、ここ数年ご無沙汰していました。

      テレビでは、定番もので相変わらず活躍のご様子を、たまに目にすることはありましたが、本の中で目にするのは、6年ぶり...

      続きを読む

    セーフモード