イヴが死んだ夜

著者:西村京太郎

638円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    氷雨の浅草寺境内で若い女性の全裸死体が発見された。太股には、上品な顔立ちとは不釣り合いなバラの刺青が彫られていた。十津川警部が、ある女性の空白の3年間を追う、迫真のサスペンス大作!

    続きを読む

    レビュー

    4.2
    4
    5
    2
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/08/09Posted by ブクログ

      十津川の婚約者の失踪や、首尾木が頑なに拒絶する理由がどう死体遺棄事件に絡んでくるのかが本書の見所です。謎が魅力的ですし、繋がりそうで中々繋がらないリーダビリティーはとても秀逸で読み応えがありました。
      ...

      続きを読む
    • 2013/06/24Posted by ブクログ

      事件は浅草寺で女の死体が発見されたことに始まる。イヴと呼ばれたその女は岐阜出身らしいのだが、出身の家の人々は口をつぐんだままだ。アダムを探すと同時にその女の出身の家が何を隠しているのか、十津川が迫る。...

      続きを読む
    • 2013/02/01Posted by ブクログ

      パラグアイにあるペンション園田にあった本。
      163ページまで読んだ。ここの本は交換
      できないのでここまでしか読めなかった。

    開く

    セーフモード