POPEYE(ポパイ) 2022年 1月号 [ガールフレンド。]

POPEYE(ポパイ) 2022年 1月号 [ガールフレンド。]

ポパイ編集部

709円(税込)
クーポン利用で213円獲得へ

※『ラブ・ストーリーは果たして、僕の恋の役に立つのだろうか。』の一部写真は掲載されておりません。※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。『ポパイ』の年末恒例となった「ガールフレンド」特集が今年も発売。デートで行きたいロマンチックなスポットガイドはもちろん、有名人に聞いた赤裸々な恋のリアルストーリーやクリスマスのディナーのレシピ&お取り寄せ&テイクアウトガイドなど、今年の冬にこそ知りたい情報を集めました。まずは、巻頭の「二人は今日も仲がいい。」企画で紹介されているカップルが仲良く過ごすために日頃から実践している数々のアイデアを学び、隣にいるガールフレンドを大切にすることから始めてみよう。contents・二人は今日も仲がいい。シティボーイ&ガールたちが実践している、「僕たちだけの」恋愛ルールとは?・あの人は、どうやって付き合い、どんなデートをしているのだろう?あの人が語ってくれた恋のこと。赤裸々な恋の実話は、僕の恋の教科書になる。・東京で一番ロマンチックな場所。ロマンチックなデートをしよう。冬にこそ訪れたい東京のデートコース。・ラブストーリーは果たして僕の恋の役に立つのだろうか。映画を見るとき、恋愛モノは敬遠しがちだったが改めて向き合ってみると……。・ドライブデートで冬の海へ。車でどこか遠くまで。誰もいない寂しげな海は格好のデートスポットだった。・プレゼントをLOVE STORYに。いいプレゼント選びも重要だけど、もちろんそこに込める愛情も同じくらい大切なんだ。・私たち、同棲始めました。一緒に住むことを選んだカップルたちの日常生活にお邪魔いたします。・Xmas dinner at home今年はおとなしく、家でディナーを。レストランに負けない最高の演出をしたいよね。・野村訓市になりたいボーイ。訓市さんを目指せばモテるはず(単純過ぎ!?)、だから僕はひらすら彼の言動を研究したのだった。

みんなの感想
ジャンル
総合・情報誌
出版社
マガジンハウス(雑誌)
掲載誌/レーベル
POPEYE
提供開始日
2021/12/09
ページ数
146ページ

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】213円(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/05/31 23:59 まで有効

同シリーズ

開く