POPEYE(ポパイ) 2020年 7月号 [僕らの博物館。]

ポパイ編集部

679円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。 GO MUSEUM 僕らの博物館。恐竜、古代文明、宇宙、鉱石、昆虫、民俗学……。もしポパイが博物館を作ったら?ということで誌上の博物館をオープン! 鉱物を通してNetflixのあの作品を深く理解しようと試みたり、ミイラが最近、医療施設でCTスキャンされているその真相を探ったり。元宇宙飛行士、毛利衛さんには宇宙と未来の話も聞かせてもらったし、養老孟司さんはポパイのために昆虫観察記を書き下ろしてくれた。ものを見る目を磨き、好奇心と探究心を育てるきっかけになる一冊。もちろん全国、そして世界の博物館も多数紹介!CONTENTS●GO MUSEUM.  僕らの博物館。●あのスミソニアン協会はこんなものまで集めている!あの文筆家の私物から、世界の民族音楽までコレクションしているなんて!●鉱物を知ると、カルチャーがもっと面白くなる。鉱物を知ってから楽しみたい映画や本。●世界の展示室から。世界の博物館の名作展示について。●動物標本、横から見るか? 下から見るか?見ているつもりで眺めているだけだった剥製標本の正しい見方。●メモするふりしてスケッチを。メモの合間に、ときどきスケッチをしてみるもいいかもしれない。●ミイラをスキャンしてみたら。まだまだ謎に包まれているミイラをCTスキャンしてみたらすごいことが分かってきた!●今夜の多摩川は天体観測日和なのか。今年は天体観測の当たり年らしいので、多摩川から月、木星、土星を見てやろう。●毛利衛さんに宇宙と未来の話を聞く。宇宙好きの映画監督、三宅唱さんが毛利衛さんにインタビュー。●シュプリームのTシャツをよく見ると……。たまには自分のTシャツのことを調べてみよう。目的などなくてもいいのだ。●三木聡の笑える文化人類学。映画監督の三木聡さんが、文化人類学を分かりやすく解説。●養老孟司さんの昆虫観察記は、驚くほどエキサイティングだった。ものを見るということはそう簡単ではない。驚きと発見の昆虫観察記。

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0

    コメントが公開されているレビューはありません。
    作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A002390659","price":"679"}]

    セーフモード