北斗の拳 24巻

北斗の拳 24巻

ケンシロウとカイオウの激闘が続くなか、記憶を取り戻したヒョウは、目を覚ました瞬間に目の前の人を愛してしまうという秘孔「死還白(しかんはく)」を突かれたリンの救出に向かう。悪党どもにつかまり目を覚ましそうになったリンだったが、駆けつけたヒョウが助ける。そのころ、ケンシロウはカイオウの左の額に北斗七星のあざを見る。そしてケンシロウは、女人像に刻まれていた北斗宗家の悲話を明かした。北斗神拳と北斗琉拳は、北斗宗家の血を受け継ぐ二人の姉妹から生まれた二人の男児シュケンとリュウオウの拳だったのだ!そしていま、カイオウを倒すため、ケンシロウの北斗神拳がうなった……。「修羅の国」編、完結!そして時は過ぎ、ラオウの子リュウが登場!

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】178円(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/06/30 23:59 まで有効

無料・試し読み増量・話 全2件

同シリーズ

開く