北斗の拳 16巻

原作:武論尊 画:原 哲夫

594円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

北斗神拳究極奥義「無想転生」を極めたケンシロウとラオウ。ふたりの対決は、はるか遠い幼き日の修行の姿と重なる。しかしラオウは「わが生涯に一片の悔いなし!!」の叫びとともにケンシロウに敗れ、絶命した。それを見とどけたケンシロウは、すでに死の病に冒されているユリアを抱きかかえ、荒野へと消える。ついに世界はひとときの平和を取り戻した――。そして数年後。平和は貧富の差を生み、世界は再び混迷を極めていた。民衆を虐げる圧政者たちに立ち向かっていたのは、成長したリンとバットだった。ふたりは北斗の軍を名乗り、その首に賞金をかけられながらも、暴力から民衆を解放していた。だが、ふたりの目の前で賞金目当ての郡指令バスクに、リンの身代わりとして女が殺されそうになる。そこに現れたのは、黒王号にまたがった救世主ケンシロウだった。再び、ケンシロウとリン、バットの旅が始まった!

続きを読む
  • 北斗の拳 全 27 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    北斗の拳 全 27 巻

    16,038円(税込)
    160pt獲得

レビュー

5
2
5
2
4
0
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2011/01/23Posted by ブクログ

    ラオウが昇天するシーンは、日本のマンガ界においても、歴史的なシーンのひとつ。
    一番マンガに夢中になれてた時代に、このシーンを拝められたことは幸せだと思う。
    そして、時代が変わる。
    今後は、バット、リン...

    続きを読む
  • 2006/02/08Posted by ブクログ

    (1〜27巻について)
    ラオウ編(〜16巻)は非常に面白いです。しかし、その後はだんだんグダグダに…

  • 2016/06/02Posted by ブクログ

    ラオウとの決着はもうすでに知っていた状態で読んだので、そんなにテンション上がらなかった。ラオウとのあとの展開は今のところ、1~2巻のノリとあんまり変わらないような気もする。

[{"item_id":"A000006351","price":"594"}]

セーフモード