北斗の拳 20巻

北斗の拳 20巻

地上最凶拳といわれる北斗琉拳の使い手シャチは、修羅の国の郡将カイゼルを倒し、リンを連れ出した。それは、北斗琉拳の3人の羅将とケンシロウを闘わせるためだった。第三の羅将ハンにリンを渡したシャチ。そしてついに、ケンシロウがリンの前に現れる。ケンシロウとハンの闘いが始まり、リンは修羅の国に伝わるラオウの伝説を知る。それは、ラオウが修羅の国の救世主として上陸してくるという伝説だった。そしてケンシロウもまた、修羅の国が北斗神拳の故郷であり、同時に自らの故郷であることを知る……。

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】178円(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/06/30 23:59 まで有効

無料・試し読み増量・話 全2件

同シリーズ

開く