玄光社MOOK 獣人の描き方

玄光社MOOK編集部

2,090円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    獣人の描き方決定版!「主役としての」ケモノの描き方がわかる! 本書では犬、猫、山羊、鳥、龍、シャチ、サメなど、多種多様な獣人を網羅的に紹介。 基となる生物の骨格構造を紹介し、人間をベースとしてどうやって組み合わせるかを説明することで、実際に獣人を描くコツを解説します。 獣人の顔がどうしてうまく描けないのか? それは頭蓋骨の形が人間と異なるからです。 ではどうすればうまく描けるのか? 本書を読めば、それぞれ動物の骨格に合ったアタリがわかる! 立体的なマズル(口吻)の正面、横、斜め、アオリ、フカンなど、ここにしかない資料がある! リアルタッチに寄せるとどうしても乏しくなりがちな表情の描き方も、人間的な表現と動物的な構造を組み合わせしっかり解説します。 獣人の世界観設定など、初心者にはうれしい基本的な考え方もご紹介。 近年人気の動物ジャンルへの入門書、異世界を彩るスパイスとしてレパートリーを増やしたい人への参考書としても利用できます。 ●中表紙●はじめに●本書の使い方●もくじ●■第一章 基礎編●Column01 ヨツミミの戦い●■第二章 陸の生き物●Column02 太めのケモノ●■第三章 空の生き物●Column03 各種族の赤ちゃん●■第四章 海の生き物●Column04 笑顔七変化●■第五章 獣人の描き分け方●ILLUSTRATOR PROFILE●奥付●裏表紙

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード