ガラスの仮面 43巻

美内すずえ

432円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

「紅天女」の試演発表が行われ、演出家・小野寺グループは主役の阿古夜に亜弓、一真にベテラン赤目、黒沼グループは阿古夜にマヤ、一真に若手の桜小路を演じることを発表。その会場は、なんと再開発予定の駅跡地。稽古が始まるが、速水の婚約を知ったマヤの心はうつろ。桜小路により、元気を取り戻したマヤだったが、速水はマヤと桜小路の仲を疑い始め…。

続きを読む
  • ガラスの仮面 全 49 巻

    未購入巻をまとめて購入

    ガラスの仮面 全 49 巻

    21,168円(税込)
    211pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3.8
29
5
7
4
13
3
8
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2018/06/16Posted by ブクログ

    「ガラスの仮面(43)」美内すずえ著、白泉社、2009.01.30
    189p¥420C9979(2018.06.14読了)(2018.05.30購入)
    副題「ふたりの阿古夜(2)」
    全く頁の振っていな...

    続きを読む
  • 2017/03/08Posted by ブクログ

    「紅天女」引っ張り過ぎで、物語としての鮮度みたいなものが落ちてる気がするなぁ・・・。全体的にテンションも低くなって、役を掴むきっかけも想像の範囲内で少し物足りない。

  • 2016/06/30Posted by ブクログ

    桜小路くんに続き、詩織さんもだいぶ気持ち悪い行動取るようになってきた。マジ、婚約者ってだけで、相手の仕事相手のところにまで乗り込むとか、怖すぎでしょ。

開く

セーフモード