ガラスの仮面 32巻

ガラスの仮面 32巻

2年以内に芸術大賞か演劇大賞を獲らなければ幻の名作「紅天女」は亜弓に。もうひとつの賞、全日本演劇協会賞に懸けるマヤ。一方、子供の頃から人の愛し方、愛され方を教えられなかった速水は、11歳年下のマヤへの愛に戸惑う。円城寺まどか主演の「イサドラ!」の初日が終わり、イラドラを即興で演じるマヤに、次は狼少女ジェーンをここで演れと…。

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】132円(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/05/31 23:59 まで有効

同シリーズ

開く