ガラスの仮面 4巻

美内すずえ

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

マヤに好意を寄せる心優しき少年、桜小路。マヤのことが気になる大手芸能社の次期社長、速水。マヤをライバルと思い始めた大女優、姫川歌子の娘、亜弓。全日本演劇コンクール東京地区予選大会に劇団つきかげは演目に「たけくらべ」と決め、主役の美登利にマヤを抜擢。一方、大手の劇団オンディーヌも「たけくらべ」を選び、美登利役に亜弓を起用する!!

続きを読む
  • ガラスの仮面 全 49 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    ガラスの仮面 全 49 巻

    21,560円(税込)
    215pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューコメント(3件)
  • 2010/12/15Posted by ブクログ

    『あの子…、こわい子ね…。』
    徐々に露わになるマヤの本質もさることながら、亜弓の弾けっぷりが何とも印象的。

  • 2020/03/05Posted by ブクログ

    「白い青春譜」に演劇部の「古城の愛」、亜弓さんの「王子とこじき」に栄進座の「おんな河」、幼稚園での即興の「白雪姫」、そして「嵐が丘」……。
    今回は目白押しです。

    確かにこの巻を読むと、マヤが「舞台あ...

    続きを読む
  • 2015/04/27Posted by ブクログ

    2015.4.26市立図書館
    劇団つきかげがつぶれてしまい、経験を求めて(&お金を稼ぐために)演劇部公演の急遽代役、映画や商業演劇栄進座への端役出演、園児たちの前で一人芝居「白雪姫」→「嵐が丘」オーデ...

    続きを読む

セーフモード