ブギーポップ・アンノウン 壊れかけのムーンライト

著者:上遠野浩平 イラスト:緒方剛志

594円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    あんたには好きな娘っているかい。俺も恥ずかしながら片想いの相手ってやつがいる。その娘が何を考えているのか、それが知りたくてしょうがない。でもそんな俺にブギーポップはこんな風に言う……「彼女のことを好きなら、君は世界の敵と戦わなきゃならないだろうね」それって一体どうすりゃいいんだ?――三人組の男子に仲良し三人娘、どこにでもいそうな子供たちが何気なく惹かれた先に待っていたのは、触れた者すべてを死へ誘う奇妙で歪な蝙蝠の影だった。謎が謎を呼ぶ中であらゆる絆が壊れていき、何も信じられない暗闇に落とされたとき、彼らが求めるのは月光の下での優しい終末か、それともさらなる悪夢に突き落とす黒帽子の死神か……?

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    25
    5
    4
    4
    8
    3
    11
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/31Posted by ブクログ

      「今回の話も、結局はそういうことさ。自分にとってはとても重大で、世界を揺るがすようなことだと思えても、それは単に身近だからだ、というだけのことで、――」

      というブギーポップ、だけでみると17冊目。全...

      続きを読む
    • 2015/09/01Posted by ブクログ

      ブギーポップとかMPLSとか合成人間とか何だかよく分からない存在とかが多すぎる!このシリーズの舞台になっている街って、本当はとんでもないことになっているはずなのに、表面上はごくごく平穏であるというのが...

      続きを読む
    • 2014/08/01Posted by ブクログ

      君にしかできないことなんだから、他の者がその意味や功績を正確に把握することはできない。つまりは、誰にも君を褒められない

    開く

    セーフモード