ブギーポップ・ダウトフル 不可抗力のラビット・ラン

著者:上遠野浩平 イラスト:緒方剛志

627円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    君は自分が正しいことをしてると思うかい? 何も間違ってなくて、悪いのは他のヤツのせいだと? でもほとんどの人間が君と同じように考えているから、正しいことを決めるのは絶対に不可能なんだよ。それがわからないと、逃げ出し損ねたウサギのように狩られるだけさ。その相手が炎の魔女になるか、死神になるかは君次第だけどね――街から少年少女が消える〈計画〉を巡って、九連内朱巳と羽原健太郎、二人の天才が対立する。互いの姿を相手に見せない息詰まる頭脳戦の果てに待つのは、しかし彼らの想像も及ばぬ混沌と虚無の産物“ラビット・ラン”だった。何もかも踏みにじり、一切の反省を持たない無邪気な悪意が拡散し、世界が抵抗不能の破滅に汚染されていくのを彼女らは阻止できるのか……?

    続きを読む
    • ブギーポップ 全 31 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      ブギーポップ 全 31 巻

      19,063円(税込)
      190pt獲得

    レビュー

    • 2019/01/20Posted by ブクログ

      昨年から講談社タイガより刊行されている「戦地調停士シリーズ」で知ってお気に入り作家となった上遠野浩平さんのデビュー作にして、今年になって再アニメ化されTV放映が始まった同名番組の原作です。

      「ぼくは...

      続きを読む
    • 2011/12/12Posted by ブクログ

       これほどまでに曖昧な物語というのもない気がする。
       ちなみにこれは褒め言葉である。

       このシリーズはこれまでのブギーポップからの登場人物が今昔を問わずに結構出てくるので、キャラクター名だけ読んでも...

      続きを読む
    • 2011/01/27Posted by ブクログ

      シリーズ通しての話だけど地上派でアニメ化なんでしないんだろう・・・、ってぐらいの作品。
      中二病くさいところはあるが、ジョジョとか好きな人には結構すんなり受け入れられるだろうと思われw
      意外と世の中の核...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001770146","price":"627"}]

    セーフモード