ヴァルプルギスの後悔 Fire1.

著者:上遠野浩平 イラスト:緒方剛志

615円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    霧間凪──彼女は炎の魔女と呼ばれている。人知れず人のために戦う正義の味方。だが彼女の気持ちは誰も知らない。その心の痛みを、そして秘められた宿命を。日常に潜む悪と、そして世界を裏から監視する統和機構の合成人間たちと凪が死闘を続けている間にも、さらなる邪悪が彼女に迫りつつあった。かつて凪に救われた少女、織機綺が奇妙な影と遭遇するとき、その悪夢は幕を開ける──すべてを呑み込む魔女戦争が。「正義なんてものは、ただの戯言だわ。真の存在はそんなものを超越しているものよ。善を嘲笑し、悪を弄ぶ──それが我が愛しの宿敵、魔女ヴァルプルギス。じきに私たちは未来を賭けて戦うことになるわ……」闇の中で微笑むいまひとりの魔女は、凪の運命をどう導いていくのだろうか……?

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    19
    5
    2
    4
    8
    3
    8
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/11/23Posted by ブクログ

      霧間凪が中心の話の第一巻。種が撒かれた印象。シリーズでも重要なキャラなので、これからの展開が楽しみ。

    • 2015/11/03Posted by ブクログ

      全4冊完結。ブギーポップシリーズのスピンオフ作品にして、『ビートのディシプリン』の最後から繋がる作品。
      戦闘シーンが他のブギーポップ作品より派手だ。巨人とおせっかいの連合軍が絶対強者を追い詰める処が好...

      続きを読む
    • 2015/08/09Posted by ブクログ

      通称「炎の魔女」霧間凪が本当の魔女になりつつある話。人間離れして強いわけでもないのに誰が相手でも絶対に勝つ非能力者という立ち位置が良かったのに、異能力まで身につけたらもうチートという感じになってしまっ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード