【最新刊】ブギーポップ・オールマイティ ディジーがリジーを想うとき

ブギーポップ

31冊

著者:上遠野浩平 イラスト:緒方剛志

671円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    君にはどうしても思い出せない記憶があるかい? はっきりとした形にならない想い出が心に引っかかってはいないかな。曖昧な過去に引きずられて、現在をむげにして、未来を犠牲にしてはいないか? そう、死神たるぼくの曖昧なる敵ディジー・ミス・リジーのように――スプーキーEの死後、虚脱状態になっていた織機綺の前に現れた統和機構の使者は、彼女に責任を取ることを求め、綺は暗い記憶の扉をこじ開けられる。そしてすべてに価値を見いだせない無気力な少年乙坂了哉が事態をもてあそび無為で無明な日常に復讐し始めたことで、街はその輪郭を失って崩壊し始める。ブギーポップはそれを傍観し、炎の魔女さえ空回りを避けられない世界の危機の中で、綺は闇の深奥に辿り着くことができるのか……?

    続きを読む
    提供開始日
    2019/06/09
    連載誌/レーベル
    電撃文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ライトノベル

    レビュー

    3.5
    198
    5
    21
    4
    83
    3
    78
    2
    15
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/09/30Posted by ブクログ

      ラノベの中では古典に分類される作品でしょうか。
      以前よりタイトルは知ってたが、ようやく読む機会を得た。

      時系列的に話が前後するのはまぁいいとして、
      登場人物の多さが気になる。
      それも似たような設定と...

      続きを読む
    • 2019/08/31Posted by ブクログ

      「今回の話も、結局はそういうことさ。自分にとってはとても重大で、世界を揺るがすようなことだと思えても、それは単に身近だからだ、というだけのことで、――」

      というブギーポップ、だけでみると17冊目。全...

      続きを読む
    • 2019/08/24Posted by ブクログ

      だいぶ過去の話の掘り返しとなる1冊。正直アニメを見てなかったら、記憶になくて付いていけなかったかも。この話ではブギーポップは何もしてないね。

    開く

    セーフモード