週刊東洋経済 2019年9月21日号

週刊東洋経済編集部

702円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    マクロ経済、企業・産業物から、医療・介護・教育など身近な分野まで超深掘り。情報力と分析力で定評ある総合経済誌。 ●|経済を見る眼|経済を見る眼/決められない政治、試される英国民|苅谷剛彦●|ニュースの核心|安保カード乱発の米国流に距離を|西村豪太●目次●|編集部から|●|深層リポート|収束の兆し見えぬ香港騒乱 市民デモは新たなうねりへ●|深層リポート|日産・西川社長辞任の衝撃 ルノーとの対立が再燃も●|深層リポート|前途多難の楽天携帯事業 10月開始は間に合わず●【スペシャルリポート】かんぽ まさかの10月営業再開 日本郵政グループの不適切判断●異次元の実績を上げる郵便局員たち●|『会社四季報』ルーキー登場|ヤシマキザイ●|トップに直撃|富士通社長 時田隆仁●|フォーカス政治|再結集に動き出した野党 問われる自公との対立軸|塩田 潮●|グローバルアイ|トランプ劇場は景気悪化でジ・エンド ほか●|INSIDE USA|落ちた「自動運転の先駆者」 産業スパイで有罪に?|瀧口範子●|中国動態|米国が台湾に戦闘機を売却 中国への強いメッセージ|小原凡司●【第1特集】続発する虐待死、その真因を探る 子どもの命を守る●Part1 止まらない虐待 行政支援が届かない現実 知られざる児童虐待●ブローハン聡さん 「虐待はゼロにはできない 転んだときの手助けが必要」●目黒区・結愛ちゃん虐待死 なぜ行政は救えなかったのか●独自調査 パンクする児童相談所●米国やフランスで実践 介入と支援の役割分担●子どもたちを“薬漬け” 児童養護施設の現実●子どもの声を拾い上げる 民間“ハブ拠点” の存在意義●宮本ゆかりさん 「性的虐待を受けた人は自分を許すことが第一歩」●模索と実践を積み重ねてきた大阪・西成の児童虐待防止策●Part2 保育園の死角 急増する重大事故件数 脅かされる子の安全●保育士 低賃金のカラクリ 「委託費弾力運用」の大罪●10月実施の幼保無償化 「劣悪でも対象」に自治体反発●助成金詐欺が横行する「企業主導型保育所」の闇●匿名座談会 長時間労働に採用難 追い込まれる保育現場●Part3 病気・事故が襲う 先天性の疾患、感染症、小児がん 子どもの病と向き合う●後を絶たない子どもの自殺 根深い学校内での悩み●「いじめ自殺」を防げない 防止対策推進法の抜け穴●大人の注意だけでは不十分 不慮の事故死を避ける条件●今も残る大震災のトラウマ 求められる「寄り添い型支援」●|ゴルフざんまい|ついに実を結んだツアー強化の成果|小林浩美●|豊田章男―100年の孤独― |トヨタ生産方式の今|片山 修●|新・メタルカラーの時代|シャボン玉石けん|山根一眞●|マネー潮流|年末までにいったんドル高円安へ|佐々木 融●|少数異見|パスポートを持たない人々の現実●|知の技法 出世の作法|北方領土交渉で首脳が解決すべき2つの論点|佐藤 優●|経済学者が読み解く 現代社会のリアル|イノベーションをもたらす最適なインフレ率とは?|及川浩希●|人が集まる街 逃げる街|川口市(埼玉県) 工業都市からベッドタウンへ|牧野知弘●|マーケティング神話の崩壊|課題は「決断力」にあり|井上大輔●|必ず伝わる最強の話術|プレゼンの段取り3|松本和也●|クラシック音楽最新事情|名門古楽楽団が再現するバロック時代の音|田中 泰●|話題の本|『麺の科学』著者 山田昌治氏に聞く ほか●|「英語雑談力」入門|weigh on ~ (~に重くのしかかる、圧迫する)|柴田真一●|経済クロスワード/ラグビーワールドカップ●|読者の手紙 次号予告|

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード