ebook japan

ebjニュース&トピックス

『ナーバススキン』 配信記念!ツノナツメ先生独占インタビュー&サイン入りコミックプレゼント!!(2023/6/22まで)

2023年6月9日に、ツノナツメ先生の話題の新作BLコミック『ナーバススキン』が配信開始。
新刊の配信を記念して、ebookjapan限定でツノナツメ先生の独占インタビューを公開いたします!

さらに、2023年6月22日までの期間限定で、抽選でサイン入りコミックが当たる豪華プレゼント企画も実施中です!お見逃しなく!!
※賞品は紙版のコミックスです。ご購入いただいた電子版にサインは入りませんので、ご了承ください。
※こちらのキャンペーンは終了しました

ナーバススキン 著者:ツノナツメ

ebookjapan限定 ツノナツメ先生独占インタビュー

――お名前やご執筆活動の経歴など、自己紹介をお願いできますでしょうか。

ツノナツメ先生(以下、ツノ先生):ツノナツメです。BL漫画などを描いています。よろしくお願いします!

――2023年6月9日より電子配信が開始したコミックス『ナーバススキン』について、まずは本作のご執筆のきっかけを教えて下さい。

ツノ先生:学生ものを描こう!となったので「大学生、寮生活、先輩後輩、ケンカップル」などの気になった設定をいろいろと混ぜてかたちを作っていきました。

――本作のメインキャラクターである千景と大和はどのような攻×受でしょうか。

ツノ先生:千景は意地悪な攻め、大和は負けず嫌いな受けです。
上下関係なくラフな関係で、小競り合いや悪口を言い合う二人です。合意があればキスもします。

――本作を描かれるにあたって、特にこだわったという点があればお聞かせください。

ツノ先生:メイン二人が意地っ張りなので、それぞれ本音をこぼせるような友人を持たせるよう気を遣いました。
なので千景&要、大和&佐川の友人ペアも好きです。

――作中には登場していないが「実は……」的な裏設定があれば、教えていただきたいです。

ツノ先生:特に決めてはいなかったのですが、自然と「要さんは二人の関係に気づいているが放っておいている」前提で描いていたので、入寮して早々に察されていたんだと思います。

――本作を執筆中の日常エピソードや、何か思い出に残る出来事があれば教えてください。

ツノ先生:連載初期に実家で保護猫の子猫を育てていたんですが、連載終わり会う頃にはすっかり大きくなっていました。

――千景と大和にメッセージをお願いいたします!

ツノ先生:ご飯を食べてよく寝て元気に過ごしてください!

――ここからは先生ご自身への質問です。先生のBLジャンルとの出会いをお聞かせいただけますでしょうか。

ツノ先生:本屋で少女誌、少年誌、青年誌、ホラーなど面白そうな漫画を探す中で、BLの棚からも漫画を選んで買って読んでいました。

――2018年に『シュガー・マイ・ベイビー』にでデビューされてから5年が経ちました。デビュー5周年を迎えた感想をお聞かせください。

ツノ先生:早いですね。粛々と精進していきます!

――憧れや目標にしてきた作家さんはいますか?(BL・BL以外どちらでもかまいません)

ツノ先生:書ききれないですが、たくさんいらっしゃいます!

――今後挑戦したいジャンルはありますか?

ツノ先生:主に通常の現代ものを描いているので、少し特異な要素がはいったものも描いてみたいです。

――執筆中に聴いている音楽などがあれば教えてください。

ツノ先生:雑談を聴くような感じでドラマ、映画、アニメ、トーク動画などを流していることが多いです。
頭であまり言語を拾いたくないときは好きなK-POP曲を流したりしています。

――キャラクターを作画される際はどこから描きますか。また、こだわっているパーツなどあれば教えていただきたいです。

ツノ先生:作画は顔の輪郭から描きます。こだわりはおそらく目元でしょうか。

――最後に読者の皆様へのメッセージをお願いします。

ツノ先生:漫画を読んでくださりありがとうございます!
読んでもらえるのは描き手にとって大変嬉しいことなので、読者さんという受け取り手がいてくださり有り難く心強いです。
忙しない日々かと思いますが、一時の娯楽のおともにしていただけると幸いです。

気になる『ナーバススキン』の本編を一部ご紹介!



関連記事

安彦先生インタビュー
インタビュー「漫画家のまんなか。」島本和彦
インタビュー「漫画家のまんなか。」宮下あきら
インタビュー「漫画家のまんなか。」やまもり三香
2024年冬アニメ・秋ドラマ・映画化作品一覧

TOP