CONFORT 2022年2月号

CONFORT 2022年2月号

CONFORT編集部

1,600円(税込)
クーポン利用で1,100円獲得へ

左官の壁は、微妙に手の跡が感じられ、光によって変化する。 タイルの壁は、色ムラがあったり、目地がリズムを描く。 そこには視覚はもちろん、五感に作用する力があります。 どちらも世界各地で長い歴史をもつ素材であり、技術です。 工業化、先端技術と手仕事の調和が求められる現在、 人の居場所を包む左官とタイルを、改めて見直してみませんか ●特集 人に寄り添う左官とタイル●リナ・ゴットメ ベイルート、土の記憶 ストーンガーデン(レバノン・ベイルート)●静かな土壁の家 設計 堀部安嗣(堀部安嗣建築設計事務所) 左官 長田幸司(長田左官工業)●左官という情熱 大らかさと繊細さのあいだの物差し 三宅洋児(福岡県八女市)●左官という情熱 「土を塗ること」をあたりまえにしたい 都倉達弥(東京都練馬区)●フランスで加速する、土建築のムーブメント トマ・ぺスケ幼稚園&小学校(フランス・ヴィルプルゥ)●改めて注目される自然素材の左官材●土とタイルが結ぶ空間 case1 五感を刺激する「もうひとつの外」 toberu 2 (京都市)●土とタイルが結ぶ空間 case2 ワインを育む土蔵づくりのセラー awai (東京・六本木)●土とタイルが結ぶ空間 case3 ゆらめくタイルで公園とつなぐ ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ (東京・渋谷) ●次代に伝える名古屋建築のレガシー●オーダータイルの新時代 1 多治見でしかできないことを発信 TAJIMI CUSTOM TILES(岐阜県多治見市)●オーダータイルの新時代 2 歴史に裏打ちされた技術力が財産 LIXIL やきもの工房(愛知県常滑市)●オーダータイルの新時代 3 釉薬の魔術師を味方に独自の色をつくる TILE made(岐阜県瑞浪市)●名称統一からの100年史 美と実用の建材「タイル」●タイル取扱い会社ガイド2022●建築家 堀部安嗣と考える これからの断熱材の選び方●先生と学生たちは、いまこんなことを考えている ケンチク学ビバ 第45回 愛知産業大学 造形学部 建築学科 教授 宇野勇治●インテリアトレンドの潮目をつかむ! VOL.6 「左官」 原田宗亮(原田左官工業所)●実測野帳は語る たてものとの対話と旅 第38回 中銀カプセルタワービル(東京・銀座) 「未来」の終焉と新たな旅●MONOMIRU●FOCUS IoTで住宅はどう変わる?●CONFORT NEWS●REVIEW & REPORTS

ジャンル
趣味・実用誌
出版社
建築資料研究社
提供開始日
2022/01/06
ページ数
156ページ

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】1,100円(税込)で購入できる! 6回利用可能

値引き額上限に達しています。

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/07/31 23:59 まで有効

クーポンを変更する

同シリーズ

開く