月刊星ナビ 2021年1月号

編:星ナビ編集部

1,200円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    月刊「星ナビ」2021年1月号は、恒例の「星空ハンドブック」付き。ハイライト現象の紹介や、惑星の観望チャンスがひと目でわかる出没グラフ、12か月分の星図とカレンダーで、1年の観測プランに役立ちます。表紙は、12月6日にカプセル再突入が予定されている小惑星探査機「はやぶさ2」の地球帰還イメージ。記事では帰還に向けた最終誘導やカプセルの着地・捜索について解説しています。年末の楽しみといえば、条件最高の「ふたご座流星群」と「木星・土星の超大接近」です。どうやって見るか、どう撮るか、決まりましたか? 大幅ページ増の「注目の天文現象」で予習はバッチリ。流星群観測キャンペーン情報もあります。特集は「星のゆく年くる年」。2020年は、天文業界も天文趣味もコロナ禍と無縁ではいられませんでした。さまざまなテーマごとに1年を振り返り、2021年に踏み出しましょう。天体写真専用の画像処理ソフトウェア「ステライメージ」が約4年ぶりにバージョンアップ。12月21日に「9」が発売されます。処理高速化の実現や、自動処理モードの強化、「セルフフラット補正」などの新機能をご案内。暗くて直接観測が難しい小惑星も、恒星の前を通り過ぎるときの減光を複数地点で記録することで、その形を浮かび上がらせることができます。アマチュア天文学の醍醐味を味わえる現象の成果と予報を解説しています。ニュースやトピックでは以下の話題を取り上げています。・マユコのラボ訪問 宇宙工学を学んで宇宙飛行士をめざす・宇宙をとじこめた自分だけのガラスアクセサリーづくり・シゴセンジャーとブラック星博士がラッピング電車に!・追悼 イシツカ・ホセさん、中村純二さん

    続きを読む
    • 月刊星ナビ 全 41 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      月刊星ナビ 全 41 巻

      42,287円(税込)
      422pt獲得
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    • 2021年1...
      評価がありません

    • 同シリーズ
      5(4件)
    5
    4件
    5
    4
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビューコメント(0件)

    コメントが公開されているレビューはありません。
    作品の好きなところを書いてみませんか?

    最初のコメントには一番乗りラベルがつくので、
    みんなに見てもらいやすくなります!

    2021年1...のレビューを投稿する

    セーフモード