月刊星ナビ 2020年3月号

編:星ナビ編集部

960円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    短時間露出+小口径望遠鏡でも驚異的な姿や色彩でナマの星雲や銀河が観られる「電視観望」が、観望会の新しい形として、また手軽なベランダ観望の方法としても注目されています。電視観望のおもしろさとノウハウを解説しました。携帯性に特化したコンパクト赤道儀としてロングセラーとなったビクセンの「星空雲台ポラリエ」。その後継機「ポラリエU」が発売されました。星空写真からタイムラプス撮影まで多目的な用途に対応した「ポラリエU」の魅力をお伝えします。2019年に創立100年を迎えた国際天文学連合(IAU)では、天文学における「ダイバーシティ」と「インクルージョン」の推進に着手しています。さまざまな垣根を越えて「あらゆる人のための天文学」を掲げる活動にクローズアップ。中世の面影を色濃く残すチェコのプラハは、古くから、そして今なお天文学をはじめとしたさまざまな学問、芸術を育む学術都市です。美しい街並みのあちこちに残る天文学者や物理学者の足跡をたどりました。ニュースやトピックでは以下の話題を取り上げています。・TVアニメ「恋する小惑星」星空&機材描写へのこだわり・世界騒然!? 赤色超巨星ベテルギウス減光の理由・2019年12月 好天に恵まれた中東-グアム金環・新天体捜索家 椛島冨士夫さんが引退宣言・今シーズン最後のヒヤデス星団食・明け方の空の3惑星に月が接近・東方最大離角の金星を見よう

    続きを読む
    • 月刊星ナビ 全 28 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      月刊星ナビ 全 28 巻

      28,847円(税込)
      288pt獲得
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード