東海道寄り道・脇道・迷い道 第20巻

三吉眞一郎

110円(税込)
1%獲得

1pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    徳川家康によって関ケ原合戦の翌年に東海道は整備された。この道は歴史の宝庫である。その上、うまいものと温泉の宝庫でもある。ではそろそろ、日本橋から京都三条大橋へ向けて、筆者と一緒に東海道五十三次の旅へ、ブラ~リブラ~リと参るとしましょうか ●早朝の故郷」何かが違う……風? それとも ●「鞠子宿」幻の浮世絵 ●「水神社」主祭神の「謎」 ●「とろろ汁」丸子名物の「謎」 ●「丸子城」分散主郭の「謎」 ●「お羽織屋」なんだか掛け合い漫才みたいな話 ●「宇津ノ谷峠」再生された峠道 ●「蔦の細道」稀代のプレイボーイの末路か ●「東海道の磯部焼き」まるでピクニックだ ●「歩くのは、いいことだ」社長さまの訓示 ●「鎌倉街道」実は、幻の街道だった? ●「50年目の告白」ええっ、修学旅行かよ? ●「岡部兄弟」この男たちの痕跡を残したい ●「岡部元信」織田信長から今川義元の首級を取り返した男 ●「岡部正綱」武田信玄の猛攻を喰い止める ●「高天神城」元信、壮絶な最期 ●「天正壬午の乱」戦国史上、完璧な殿戦 ●『だんじり義士伝』(仮)もしも、完成すれば

    続きを読む
    • 東海道寄り道・脇道・迷い道 全 27 巻

      未購入巻をまとめて購入

      東海道寄り道・脇道・迷い道 全 27 巻

      2,970円(税込)
      29pt獲得

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード