東海道寄り道・脇道・迷い道 第4巻

三吉眞一郎

110円(税込)
1%獲得

1pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    徳川家康によって関ケ原合戦の翌年に東海道は整備された。この道は歴史の宝庫である。その上、うまいものと温泉の宝庫でもある。ではそろそろ、日本橋から京都三条大橋へ向けて、筆者と一緒に東海道五十三次の旅へ、ブラ~リブラ~リと参るとしましょうか ●第一章 旧東海道歩き ●「酷道15号」通過儀礼 ●「梅屋敷」旅と水、梅と漢方 ●「六郷水門』造形の魅力 ●「川崎大師」動員数日本の人口の2・5% ●「奈良茶飯」大ヒットと日本の「地力」識字率 ●「鶴見市場:既視感・懐かしい風景 ●「聚楽第」の土・楽焼の愉しみ ●「国道駅」弾痕の残る昭和遺産 ●「生麦事件」歴史のバタフライ・エフェクトか?

    続きを読む
    • 東海道寄り道・脇道・迷い道 全 26 巻

      未購入巻をまとめて購入

      東海道寄り道・脇道・迷い道 全 26 巻

      2,860円(税込)
      28pt獲得

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード