短歌 27年7月号

編:角川学芸出版

737円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    特集は「今こそ牧水―「あくがれ」の心を求めて」。若山牧水の生誕130年を迎えた今、改めてその魅力をひもときます。特別企画「話題の歌集を解剖する」では、作者の何十年もの思いが蓄積された歌集を、さまざまな視点から、じっくりと解剖するように読み解きます。巻頭作品31首は、佐佐木幸綱・時田則雄・小池光・米川千嘉子の4氏。巻頭エッセイ「歌の理由」には馬場あき子氏にご登場いただいております。【連載】■一首鑑賞「忘れられない歌集」…一ノ関忠人「父性」…外塚 喬「古典この一首」…松本典子■評論「詩の点滅―現代詩としての短歌」 …岡井 隆■エッセイ「てのひらの街」…伊波真人「ハナモゲラ短歌」…笹 公人「やさしく、茂吉」…秋葉四郎「日本歌紀行」…田中章義「大学短歌会が行く!」…象短歌会■書評佐佐木幸綱歌集『ほろほろとろとろ』槇弥生子歌集『ゆめのあとさき』ほか■歌壇時評…大辻隆弘・永井 祐■短歌月評…奥田亡羊■歌集歌書を読む…今井恵子■全国結社・歌誌展望…雁部貞夫■誌上添削教室…山埜井喜美枝■公募短歌館 選者…秋葉四郎・沢口芙美・伊藤一彦・佐伯裕子■題詠 今月の発表は題“響く”。選者…御供平佶※電子版には付録・応募用紙・応募ハガキは付きません。あらかじめご了承ください。※電子版ではプレゼントの応募や投歌ができません。あらかじめご了承ください。

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード