短歌 27年3月号

50%OFF

編:角川学芸出版

737円368円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    特集は「記録としての短歌」。短歌には、恋愛、結婚、出産、介護、別れ…など日常を詠う楽しみ方もあります。本号では、思い出を短歌に記録する意義、楽しさについてテーマ別にその魅力をお伝えします。新春座談会「恋歌の魅力」では小島なお、服部真里子、大森静佳、立花開の注目の若手女性4歌人に、万葉から変わらぬ恋の思いや、現代ならではの恋歌についてそれぞれ語っていただきました。巻頭作品31首は高野公彦・福島泰樹・花山多佳子の3氏。【連載】■一首鑑賞「忘れられない歌集」…桜川冴子「父性」…甲村秀雄■評論「詩の点滅―現代詩としての短歌」 …岡井 隆「リレー評論・現代短歌の60年」 …笹 公人■文法「名歌で学ぶ文語文法」 …橋本喜典■エッセイ「古典この一首」…雁部貞夫「てのひらの中の街」…楠 誓英「ハナモゲラ短歌」…笹 公人「日々のいろいろ」…大下一真「やさしく、茂吉」…秋葉四郎「日本歌紀行」…田中章義■書評奥村晃作歌集『造りの強い傘』片山貞美歌集『雪のあと』ほか■短歌月評…田宮朋子■歌集歌書を読む…真中朋久■全国結社・歌誌展望…柳 宣宏■誌上添削教室…黒木三千代■公募短歌館 選者…杜澤光一郎・前川佐重郎・沖ななも・米川千嘉子■題詠 今月の発表は題“友”。選者…大塚布見子※電子版には付録・応募用紙・応募ハガキは付きません。あらかじめご了承ください。※電子版ではプレゼントの応募や投歌ができません。あらかじめご了承ください。

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード