【最新刊】短歌 2019年9月号

雑誌『短歌』

無料あり

70冊

編:角川文化振興財団

723円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    【巻頭作品28首】高野公彦、香川ヒサ、花山多佳子、坂井修一【特集】なぜ古典か ■総論 島田修三■「古典を読む必要性は? 何の役に立つ?」にどう答えるか上野誠、俵万智、内藤明、喜多弘樹、来嶋靖生、秋山佐和子、小島なお■歌論書ガイド 渡部泰明(東京大学教授)■鑑賞「万葉集、この一首」志野暁子、安田純生、紀野恵、藤岡武雄、梅内美華子、大石真由香、寺井龍哉、坂本信幸、綾部光芳、實藤恒子【特集】平成の宿題――30年で問題は解決したのか■世代の交代(塚本邦雄)……魚村晋太郎■批判精神の待望(加藤克巳)……吉野裕之■口語文体(岡野弘彦)……一ノ関忠人■何を歌うか(佐佐木幸綱)……谷岡亜紀■根源的な問い(近藤芳美)……道浦母都子■歌人の発掘(田谷鋭)……田宮朋子■女流の台頭(馬場あき子)……米川千嘉子【巻頭グラビア】角川『短歌』思い出の記事 伊藤一彦六十五年後の絵日記 岡野弘彦【巻頭リレーエッセイ】歌会てんやわんや 吉川宏志【連載】・啄木ごっこ……松村正直 ・助詞・助動詞再入門……横山未来子・一首鑑賞エッセイ あらたし古典和歌……大森静佳【連載コラム】うたの名言……佐佐木幸綱季節の歌 長月……選:真中朋久【投稿ページ】角川歌壇 選:伊藤一彦、今野寿美、水原紫苑、吉川宏志題詠「改元」を詠う 選:小畑庸子【連載】歌壇時評……尾崎まゆみ、睦月 都【書評】川野里子歌集『歓待』、大野とくよ歌集『あしたに向きて』、佐藤直子歌集『朝の鏡』、金子貞雄歌集『而今の森』、土肥義治歌集『学問の香』、所功編著『昭和天皇の大御歌』※電子版には付録・応募用紙・応募ハガキは付いておりませんのであらかじめご了承ください。

    続きを読む
    ページ数
    237ページ
    提供開始日
    2019/08/24
    連載誌/レーベル
    雑誌『短歌』
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    2.3
    3
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/05/18Posted by ブクログ

      瀬戸夏子さんの文学フリマの話がおもしろかった。歌集と違って目が滑るなぁと思った。


      リサイクルでもらったやつ。

    • 2016/01/10Posted by ブクログ

      初めて見たる落語家に子は心酔し歌春さんを追ふ、トイレまで/大口玲子
      子はなにやら歌春さんに話しかけなぜか大爆笑の歌春さん/ 〃
      自意識の緩びゆくときふと思(も)へばわれは小さなアジアの女/河野裕子
      ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2015/12/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード