吉永さん家のガーゴイル3

著者:田口仙年堂 イラスト:日向悠二

704円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    いつ行ってもお客がいない怪しいアンティーク屋「兎轄舎」のお姉さんに呼び出された双葉は、うま~く丸め込まれてトゲつきの奇妙なヘルメットを被ることに。それは試作段階の植物と喋れる「イーハトーブ式交換装置」だった!?故障で装置が脱げなくなってしまった双葉はおかげでご町内の笑いものに。心配するガーくんの気持ちをよそに、好奇心旺盛な双葉は装置を使い、新しい友達と出会うのだが、どうも様子が変!?大好評えんため受賞作第3弾!

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2008/02/23Posted by ブクログ

      2006*06*27購入。植物と話が出来る装置がある。けれどその装置を使い続けてはならない。何故か。道徳の授業に使えるんじゃないか、この本。

    • 2006/02/10Posted by ブクログ

      トンデモお姉さん高原イヨ(ガーゴイル生みの親)が取り出したるは、なんと植物と意思疎通が出来る(しかも擬人化映像付き)と言う怪しい代物。

      よくありがちな設定なのだが、目の付け所がなかなか素晴らしい。
      ...

      続きを読む

    セーフモード