吉永さん家のガーゴイル7

著者:田口仙年堂 イラスト:日向悠二

704円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    社会科の授業<さまざまな職業>について学んでいた御色小五年一組の教室で、突然立ち上がる少女がいた。校内どころか町内でも有名な美少女、梨々・ハミルトンである。「怪盗になるにはどうしたらいいんですか!?必要な資格とかあるんですか?」と担任の夜倶先生に矢継ぎ早に質問し、クラスは騒然となる。同級生の吉永双葉も、それを聞いた“吉永家と御色町の番人”ガーゴイルも、穏やかではいられない。だが、梨々の気持ちはどうやらホンモノで、やがて大事件が勃発する……!!ご町内ハートフルコメディ第7弾!

    続きを読む

    レビュー

    3.2
    4
    5
    0
    4
    2
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2010/06/17Posted by ブクログ

      両巻ともギャグは少なめでシリアス気味。
      脇役・・・という程でもないけれどガーゴイルや双葉にくらべると控えめだった和己やリリが前面に出た話。

      最近の巻はガーゴイルが理不尽な力で有る意味爽快と問題を解決...

      続きを読む
    • 2006/08/29Posted by ブクログ

      今回は梨々が百色にあこがれて、怪盗を目指す話。

      今回はおもしろかった。個人的には百色は好きなキャラなので今回の話はよかった。

    • 2006/02/11Posted by ブクログ

      相変わらず御色町を舞台にしたほのぼのホームコメディです。今回はガーくんのライバル怪盗・百色と娘の梨々の物語。カエルの子はカエルならば、怪盗の娘は怪盗になるのか?デストロイヤー双葉は、その願いを阻止しつ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード