弐十手物語 103巻

弐十手物語 103巻

朝顔の鉢に阿片を忍ばせて、城中に運び入れていた成田屋。阿片はすでに大奥に蔓延し、将軍までも使用している可能性が出てきた。探索の糸を切ろうと、同心・花井戸嘉門(かいどかもん)と浪人の平賀が成田屋を皆殺しにして火を放つが…!?

設定
キャラ情報
手法/事実情報
ジャンル
青年マンガ
出版社
グループ・ゼロ
掲載誌/レーベル
マンガの金字塔
提供開始日
2022/11/21
ページ数
228ページ

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】132円(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/06/30 23:59 まで有効

同シリーズ

開く