弐十手物語 68巻

弐十手物語 68巻

ついに鶴次郎一行は熊野に辿り着き、別れの時が近づいた僧・遼海は、様々な話を鶴次郎に聞かせる。やがて、鶴次郎に天命を全うするよう諭した遼海は、如意輪観音寺に向かうため、鶴次郎と鞍馬に別れを告げる。

設定
キャラ情報
手法/事実情報
ジャンル
青年マンガ
出版社
グループ・ゼロ
掲載誌/レーベル
マンガの金字塔
提供開始日
2022/11/21
ページ数
224ページ

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】132円(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/06/30 23:59 まで有効

同シリーズ

開く