文学処女 8巻

中野まや花

704円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

「さよなら先生…」小説家・加賀屋の書きかけの原稿用紙に燻り続ける、亡き婚約者への悔悟の念。彼を愛することは、苦しめることなのか…? 夜空に大輪の花火が咲き誇る中、鹿子はひとつの決断を下す――。一方、同僚の望月との関係には思いがけぬ進展が…!? 描き下ろし短編「恋と断捨離」「ハイスペック男子」2編収録。

続きを読む
  • 文学処女 全 8 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    文学処女 全 8 巻

    4,708円(税込)
    47pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2020/11/22

    少女マンガを読んでいて、こんなににも胸が締め付けられるような切なさを感じたのは初めてです。
    試し読みでこの作品を知ることができて、とても光栄です。ありがとうございます。

  • 2020/11/22近衛 藍

    ドラマ化はあまりしてほしくないなと思いました。マンガの良さのままでいてほしいと。俳優さんがどうとかではなく、イメージが変わってしまって

  • 2020/11/22

    ハマりました!これほど続きが待ち遠しいと思える作品は久々です。話の展開も面白いし絵もきれいで読みやすく大好きです。

開く

セーフモード