文学処女 6巻

文学処女 6巻

「愛は相手の欠点を受け入れる事よ」加賀屋に影を落とす喪った恋人との経緯、そして自らの想いを語る光稀。愛することを問われた鹿子が、加賀屋のために光稀へ託した事とは――? 断ち切れない愛と恋が綴られる第6集。

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】165円(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/07/31 23:59 まで有効

同シリーズ

開く