文学処女 6巻

中野まや花

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

「愛は相手の欠点を受け入れる事よ」加賀屋に影を落とす喪った恋人との経緯、そして自らの想いを語る光稀。愛することを問われた鹿子が、加賀屋のために光稀へ託した事とは――? 断ち切れない愛と恋が綴られる第6集。

続きを読む
  • 文学処女 全 9 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    文学処女 全 9 巻

    5,412円(税込)
    54pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューコメント(3件)
  • 2020/11/24

    言葉は武器にもなるし救いにもなる。文学と冠する作品だけに、登場人物のセリフに説得力や聞く人の気持ちを動かすだけの熱がある作品です。

    名称未設定 さんのレビュー
  • 2020/03/13
    ネタバレ
    この内容にはネタバレが含まれています
    Posted by ブクログ
  • 2019/12/08
    ネタバレ
    この内容にはネタバレが含まれています
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード