文学処女 4巻

中野まや花

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

「私は加賀屋先生にとってなんなのか」担当としても、女としても思い悩む鹿子。取材の仕事でやっと加賀屋に会えたものの、そこで衝撃の事実を聞いてしまう。鹿子に過去を知られてしまった加賀屋は――加賀屋のベールが脱がされる、恋と悲哀の第4集。

続きを読む
  • 文学処女 全 9 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    文学処女 全 9 巻

    5,137円(税込)
    51pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューコメント(3件)
  • ネタバレ
    2019/02/03Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • ネタバレ
    2018/09/09Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2018/09/02Posted by ブクログ

    先生はだいぶ過去を引き摺っているなぁ。鹿子の昔の知り合いのお姉さんの名前や先生のお父さんの描写にあっとなった。少しずつ見えてきたけど、まだ波乱がありそう。望月に報われてほしいって気持ちがさらに強くなっ...

    続きを読む

セーフモード