文学処女 7巻

中野まや花

704円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

「俺は…誰も愛せない」満月の夜、自身の胸の内を打ち明ける加賀屋。かつての恋人・千夜香の幻影を今も追う悲しき告白に、鹿子が出した答えとは――過去に囚われた悲恋が慟哭する、第7集。

続きを読む
  • 文学処女 全 9 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    文学処女 全 9 巻

    5,412円(税込)
    54pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューコメント(1件)
  • 2020/01/05
    ネタバレ
    この内容にはネタバレが含まれています
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード