犬夜叉 50巻

高橋留美子

462円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

▼第1話/完全な冥道▼第2話/天生牙の秘密▼第3話/鉄砕牙と天生牙▼第4話/父の真意▼第5話/共鳴▼第6話/ふたつの世界▼第7話/その先の考え▼第8話/仕掛け▼第9話/琥珀の首▼第10話/新生 飛来骨 ●主な登場人物/犬夜叉(かごめに封印を解かれた半妖。かごめと四魂のかけらを探す旅を続ける)、日暮かごめ(戦国時代にタイムスリップしてきた現代の少女。実家は神社) ●あらすじ/壊れた飛来骨を直すため薬老毒仙の壺に入った珊瑚。飛来骨の魂たちは珊瑚を恨み再生を拒んでいたが、珊瑚と弥勒の想いに触れ、再び飛来骨として甦ることに。一方、冥界から戻り、旅を続ける殺生丸たちのもとには謎の人物が…(第1話)。 ●本巻の特徴/殺生丸の前に現れた、かつての父の敵にして冥道残月破の元の持ち主・死神鬼。彼が口にした、鉄砕牙と天生牙にまつわる衝撃の事実とは…!? ●その他の登場人物/弥勒(右手に風穴を持つ法師。女好きだが頼りになる)、珊瑚(妖怪退治屋の娘。犬夜叉一行に加わる)、七宝(コギツネ妖怪。かごめについてきた)、殺生丸(犬夜叉の腹違いの兄。完全なる妖怪)、りん(人間の娘。殺生丸の天生牙で命を救われた)、琥珀(珊瑚の弟。一度は命を落としたが、四魂のかけらにより命をつなぐ)、夢幻の白夜(奈落の手の者。幻術を用いる)、奈落(野盗・鬼蜘蛛の邪心に、多くの妖怪がとりついて生まれた妖怪。四魂のかけらを狙う)

続きを読む
  • 犬夜叉 全 56 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    犬夜叉 全 56 巻

    25,872円(税込)
    258pt獲得

レビュー

レビューコメント(6件)
  • 2007/08/08Posted by ブクログ

    久し振りにかごめが現世に帰ってきて、更には犬夜叉との関係が見れて良かったです。寝ているかごめに布団をかけたりかごめの事を思った言葉を言ったりと…本当最初と比べるとすごく穏やかになったよなぁと、しみじみ...

    続きを読む
  • 2008/08/05Posted by ブクログ

    あぁ、こら、ヒデエわ。
    ようするに、殺生丸は、剣なしで戦えということでしょうか?

    しかし、これでまた完結が遠のいた?

    でも、意味深な「かごめの選択」とかも出てきたので、ラストが近いといえば近いのか...

    続きを読む
  • 2017/06/24Posted by ブクログ

    犬夜叉もいるのに、表紙のメインが殺生丸さま・・!刀のことで悩み苦しむ殺生丸さまが愛おしい。終盤になってからの殺生丸さまの活躍はどうした。ダブル主役くらいの位置付けになってるぞ。

開く

セーフモード