犬夜叉 46巻

高橋留美子

462円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

▼第1話/山嵐▼第2話/群れ▼第3話/瘴気の谷▼第4話/蜘蛛の糸▼第5話/絡みつく糸▼第6話/糸のむこう▼第7話/切れた弦▼第8話/梓山▼第9話/梓山の精霊▼第10話/桔梗の幻  ●主な登場人物/犬夜叉(かごめに封印を解かれた半妖。かごめと四魂のかけらを探す旅を続ける)、日暮かごめ(戦国時代にタイムスリップしてきた現代の少女。実家は神社) ●あらすじ/奈落を風穴で追い詰めたものの、結局倒せず、逆に瘴気の傷を負った弥勒。桔梗はその傷を診終えると、再び琥珀を連れて去っていく。そして犬夜叉たちもまた、奈落の残した瘴気に操られて人間や森を襲う妖怪の退治に向かう。臭いの先にいたのは、背中の針を飛ばして攻撃する妖怪・山嵐だが、その数は一匹や二匹ではなく…(第1話)。 ●本巻の特徴/桔梗の狙いが、琥珀の清浄なかけらを取り込ませ、自分を浄化することにあると勘づいた奈落。新たに仕掛けられた“蜘蛛の糸”の罠が、犬夜叉と桔梗、そしてかごめの心をからめ取る…!?  ●その他の登場人物/弥勒(右手に風穴を持つ法師。女好きだが頼りになる)、珊瑚(妖怪退治屋の娘。犬夜叉一行に加わる)、七宝(コギツネ妖怪。かごめについてきた)、鋼牙(妖狼族の若頭。かごめに惚れている)、桔梗(50年前に犬夜叉を封印した巫女。墓土から甦り、奈落の消滅を目指す)、琥珀(珊瑚の弟。一度は命を落としたが、四魂のかけらにより命をつなぐ)、奈落(野盗・鬼蜘蛛の邪心に、多くの妖怪がとりついて生まれた妖怪。四魂のかけらを狙う)、魍魎丸(奈落の心臓・赤子が身を隠すために作り上げた鎧)

続きを読む
  • 犬夜叉 全 56 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    犬夜叉 全 56 巻

    25,872円(税込)
    258pt獲得

レビュー

レビューコメント(2件)
  • 2007/03/13Posted by ブクログ

    「命をかけておまえを守る」かごめに言った犬夜叉の言葉。もう犬夜叉自身が照れ屋でやんちゃで大好きです♪
    もう犬夜叉で本棚がいっぱい〜

  • 2014/11/04Posted by ブクログ

    うーん、今までも、特に分身とか見ていると、奈落って、充分に人間の心があるように見えるのですが。
    しかし、この46巻にして、新展開というのは、なかなか、すごいです。あんまり破綻がなく、それなりにおもしろ...

    続きを読む

セーフモード