犬夜叉 32巻

高橋留美子

462円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

▼第1話/選択▼第2話/苛立つ心▼第3話/城▼第4話/命令▼第5話/罪の記憶▼第6話/解けた呪縛▼第7話/鳥の巣の臭い▼第8話/託された矢▼第9話/鉄鶏▼第10話/血の河●主な登場人物/犬夜叉(いぬやしゃ。半妖の少年。桔梗がかけた封印をかごめに解かれ甦った。かごめと一緒に“四魂のかけら”を集めている)、日暮かごめ(現代と戦国時代を祠の井戸を通じて行き来している。中学3年生)●あらすじ/桔梗の式神に呼び出され、桔梗が眠る滝壺にやってきたかごめ。そこでかごめは、奈落の毒の触手につらぬかれ、衰弱している桔梗を救えるのは、自分しかいないと聞かされる。桔梗の命運を握る重大な選択を迫られたかごめの決断は…!?(第1話)●本巻の特徴/嫉妬心のようなものを抱きながらも、迷うことなく桔梗を救ったかごめ。だが、桔梗は礼も言わず、また犬夜叉に会おうともせず再び姿を隠してしまう。その頃、奈落と手を結んでいた阿毘姫が離反し、奈落と関わりがあると睨んだ城を襲撃する。しかしそこには、奈落に命令された琥珀が暮らしていた。一方、阿毘姫を追っていた犬夜叉たちも城にたどり着くが、そこで珊瑚が見たものは、またも返り血を浴びた琥珀だった…。●その他の登場人物/弥勒(強い法力を持つ法師で、右手に何でも吸い込む風穴を持つ)、珊瑚(妖怪退治を生業とする家の娘。奈落の策略で家族を失い、犬夜叉と共に旅をしている)、七宝(狐の妖怪の息子。チビだがたくさんの技を持っている)、桔梗(巫女。一度死んでしまったが蘇る。強い霊力を持っている)、琥珀(珊瑚の弟。記憶を失い奈落に操られている)神楽(奈落の分身。竜蛇の舞いを使う風使い)、白童子(奈落の落とし子。四魂のかけらを手に入れようとする子供の妖怪) 、奈落(野盗・鬼蜘蛛の邪心に多くの妖怪がとりついて生まれた妖怪。四魂のかけらを狙う)、阿毘姫(毒に冒された母を救おうと人間の血を集める妖怪)、鉄鶏(阿毘姫の母。あの世とつながる妖怪)

続きを読む
  • 犬夜叉 全 56 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    犬夜叉 全 56 巻

    25,872円(税込)
    258pt獲得

レビュー

レビューコメント(3件)
  • 2008/08/05Posted by ブクログ

    「うる星やつら」が、全34巻。
    「らんま1/2」が、全38巻。

    そう思うと、主人公サイドの人間関係がかたまってきたのも、終盤に近いのかと思わすところがあります。
    でも、あんまり、盛りあがらない。けっ...

    続きを読む
  • 2017/05/06Posted by ブクログ

    琥珀の闇落ちがさらに止まらない。徐々に正気も取り戻してるし、いつか琥珀と珊瑚の対峙がくるかと思うとしんどい。

  • ネタバレ
    2017/05/16Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています

セーフモード