夢のなか―慶次郎縁側日記― (新潮文庫)

北原亞以子

671円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    女に食わせてもらう甲斐性なしと笑われるあの人も、私にはいつだって優しい。たとえ夢のなかでさえも……。職に就かない優男を針仕事で支える娘にも、良縁話を笑顔で断る縹緻よしにも、胸に秘めた思いがある。失くした恋の哀しみが、思わぬ悪事に人を走らすこともある。理詰めじゃ解けぬ江戸の男女の心のもつれを、隠居を楽しむ慶次郎が慈愛で解きほぐす、哀歓溢れる八篇。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード