赤まんま―慶次郎縁側日記―(新潮文庫)

北原亞以子

594円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    不治の病に逝った幼な馴染みの霊前で、誓いを立てた簪を独り見つめる材木問屋の心のうちも、容色盛んな若後家がなお胸に秘める亡くした夫との思い出も、秋風にひっそり揺れる赤まんまの花しか知らない。折檻、密通、盗癖だと町の騒ぎをはやす輩も、心のわるさに弄ばれ道を外した人々の苦い涙に気付かない。ゆえに仏の慶次郎は、苛む心の苦しみと忍ぶ心の悲しみに、今日も静かに耳をすます。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード