白雨―慶次郎縁側日記―(新潮文庫)

北原亞以子

626円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    滝のような夕立に、江戸が白く煙る午後、木綿問屋の宗右衛門が軒先に飛び込んできた。飯炊き寮番の佐七は煎餅をふるまって、老いの孤独な境遇を語りあう。普段は慶次郎だけが示してくれる優しい気遣いに触れ、佐七はうれしさを抑えがたいが、それを聞いた蝮の吉次は胸騒ぎが収まらない……。老境の日々を照らす小さな陽だまりを描く表題作ほか、江戸の哀歓を見守る慶次郎の人情七景。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード