雨の底―慶次郎縁側日記―(新潮文庫)

北原亞以子

637円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    不意にさしかけられた傘の下で、男の優しさにずっと浸っていたかった――。大店の跡取り息子に尽くし抜いて捨てられた長屋娘と、娘の悲しみを見つめるもうひとりの男の目。男女のやるせなさに心震える「雨の底」。密かに持ち込まれた商家夫婦への不可解な脅迫文が、隠居暮らしの慶次郎を、愛憎渦巻く事件の暗がりへ再び導く「横たわるもの」ほか、円熟の筆が紡ぎだす江戸人情七景。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード